FC2ブログ
タガメの子育て
- 2018/07/27(Fri) -
_6291588.jpg
昨年から、タガメの孵化の瞬間を撮りたくて6~7月は、某所に足繁く通いました。

_7090151.jpg
今年も、卵を守るオスが、あちらこちらで見られました。卵は水中では呼吸が出来ないためヨシの茎などに産卵します。でも乾燥にも弱いため、オスが時折、水中に降りて、また上がってきて卵を湿らせてあげています。このオスの背中には水草が付いており、水中から上がってきたことがよくわかります。

_6300203.jpg
こちらは、日中、オスの背中側から撮ったものです。

_6300091.jpg
接近しすぎると、オスは前足を拡げて威嚇します。ちなみに、タガメにも性格があるようで、頻繁に水をかけに往復するオスもいれば、ほとんど水中で過ごしていてたまにしか卵に行かないオスもいます。オスが水中にいるときに、卵が産みつけられている茎を揺らしたときも、すぐ上ってきて威嚇のポーズをとる個体もいれば、逃げてしまう個体もいました。
写真の彼はイクメンでした。

_7010054_01.jpg
これは、ある日の深夜2時頃に現地に着いて見つけたタガメの孵化です。必ず、一斉に孵化します。
ただ、もう孵化が始まっていたのとヘッドライト不調もあり、思ったようには撮影できませんでした。でも、初めて、それも野外で見ることが出来て、とても興奮しました!

180701tagame7010153.jpg
孵化が始まり、にょきにょきとタガメの赤ちゃんが出てきて、やがて水面にポトッと落ちていくのは、見ていて面白かったです。
スポンサーサイト
この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤンマ類の羽化、そしてタガメの子守り 過去画ですが(^^;) | メイン | お昼のヨタカ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://minomushi66.blog19.fc2.com/tb.php/785-274797f5
| メイン |