ギフチョウの幼虫
- 2016/06/25(Sat) -
160515gifuP5150051.jpg
ギフチョウは春の女神とか、スプリングエフェメラルと呼ばれ、春まだ早い頃(岐阜市あたりでは3月下旬ころ)に出現します。
そして、交尾、産卵から幼虫が孵化してさなぎになるまでを初夏までに終え、あとは長く蛹で過ごします。
ギフチョウは卵隗として、卵を1か所にまとめて産み、孵化した幼虫も集団で生活します。大きくなるにつれ分散して終齢幼虫は単独で生活します。

5月中旬のある日、岐阜市内のギフチョウのポイントで、食草のカンアオイの群落でギフチョウの幼虫を見つけました。
2匹一緒に食事中の幼虫です。

160515gifuP5150061.jpg
こちらは、先ほどの2匹の近くの群落にいた幼虫の集団。下から見上げて撮影したものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | あおむし・けむし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤエヤマカラスアゲハ
- 2016/06/14(Tue) -
160501yaeyamakarasu4976-1.jpg
路上で吸水するヤエヤマカラスアゲハ。西表島にて
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベニモンアゲハ
- 2016/06/08(Wed) -
160502benimon5362-2.jpg

石垣島米原のビーチと、ビーチのアザミに訪花したベニモンアゲハ。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テツイロビロードセセリ
- 2016/06/04(Sat) -
160501tetssuiro4831.jpg

160501tetssuiro4824.jpg
テツイロビロードセセリは日本では西表島だけに見られるセセリチョウの1種です。名前の「テツイロ」は裏面の羽の色から付けられたものだと思いますが、この渋い色が僕は好きです。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コナカハグロトンボ
- 2016/06/01(Wed) -
160501konakahaguro4855.jpg
沖縄旅行のうち1日フルに一人自由に撮影に充てられたのは、西表島の1日。
写真は西表島東部の山地の渓流付近で撮影したコナカハグロトンボのメス。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |