スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マダラナニワトンボ
- 2015/10/29(Thu) -
151017madarananiwa0123.jpg
毎年、通っている東濃地方のマダラナニワトンボ。全国的に激減しているトンボだけど、まだ、岐阜県には複数の産地があります。
これらの池は、何とか残していかないといけないとは思いつつ、何もしないでいていいのかなと思っているまま月日が経ってしまっています。いなくなる前に何か考えなきゃいけないなぁと思う今日この頃。

151017madarananiwa0228.jpg

151017madarananiwa0140.jpg
マダラナニワトンボの交尾中のペア
スポンサーサイト
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キトンボとマダラナニワトンボ
- 2015/10/24(Sat) -
151017kitonbo・madarananiwa0150
キトンボとマダラナニワトンボ。どちらも分布が限られていて、1枚の写真に納めたのは、これが初めてです。
岐阜県東濃地方にて
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モノサシトンボ(交尾中のペアに迫る♂)
- 2015/10/15(Thu) -
150809monosashi0088.jpg
交尾中のモノサシトンボのペアに迫るオス。このオスは、結構しつこく何度も交尾中のペアのまわりを飛んだり、すぐ近くに止まったり、時々交尾中のオスにしがみついたりとアタックしていました。
時々は、こうした行動が実を結ぶこともあるんでしょうね。そういったシーンも撮りたいですけど。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネアカヨシヤンマ、マルタンヤンマ、ヤブヤンマのぶら下がり
- 2015/10/14(Wed) -
150809neakayoshi0095.jpg
ネアカヨシヤンマ♂
8月のお盆前のまだ暑かった頃、ヤンマのぶら下がりを狙っていくつかのポイントを廻りました。
日中の暑い時間は、止まったままじっとしています。

150809marutan0017.jpg
マルタンヤンマ♀

150809yabu0107.jpg
ヤブヤンマ♂
この写真は、魚眼レンズで接近して撮影することが出来ましたが、もう少しいいアングルから撮りたかった。

ここのところ、季節感まるで無しでしたが、もうしばらくしたらリアルタイムに戻したいです。
すみません。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マルタンヤンマの産卵
- 2015/10/12(Mon) -
150725marutan0202.jpg

まだまだ以前の蔵出しみたいな感じですみません^^;

梅雨明け間もない頃、愛知県尾張東部のとある休耕田に、時折マルタンヤンマが産卵に来るということで現地を案内していただきました。
マルタンの産卵は撮影したことはありますが、あまりぱっとしない写真しかなかったのと、やっぱり好きなトンボ№1か№2ってトンボなのでいい写真撮りたくて、行く前からワクワクでした。
当日は、うちの子ども達も採集として一緒に行っていたので、そちらのアシスタントとして動かなければならず、なかなか落ち着いて写真が撮れないのと、そもそもマルタン自体が草の生えている水面を好むので、なかなか思うように撮れず、この写真が精一杯でした。
来年こそは、言い訳なんか書かないで、載せられる写真が撮りたいです!
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クマゼミの産卵
- 2015/10/05(Mon) -
150805kumazemi0538.jpg

夏のまだ暑かった頃の日没前に、名古屋市内でカラタチに産卵するクマゼミ。セミの産卵は、あまり探したことがなかったのですが、歩道沿いの地上50㎝くらいの枯れた枝に産卵していて、ちょっとびっくりしました。
産卵に集中しているのか、観察していた30分は少しずつ前進して産卵するのみで、逃げる気配はありませんでした。
来年からは、もっと気をつけて探さなきゃ。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。