ギフチョウの幼虫
- 2015/06/29(Mon) -
150531gifutyou0257.jpg
ギフチョウの幼虫は落ち葉の下などで蛹になるようですが、これまで、実際に野外で見たことはありませんし、蛹化するために歩いている幼虫も見たことがありませんでした。
岐阜市内の雑木林を歩いていたところ、道路を横断する黒い毛虫を発見。見覚えのあるギフチョウの幼虫でした。ここは、それほど個体数は多くないと思われる場所でしたが、偶然会うときはこんなものかなという感じでした。
夕方で暗いのと、歩くのが意外と速いので、写真も撮りづらかったですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | あおむし・けむし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴマダラチョウ
- 2015/06/28(Sun) -
150531gomadaratyou0119.jpg
私には、ゴマダラチョウは街のチョウといったイメージが強いのですが、ムカシヤンマやカワトンボの仲間がいる谷の開けた空間にオスがやってきました。
逆光気味に下から撮影したものです。

150531gomadaratyou0130.jpg
こちらは、回り込んで、同じ個体を上から撮影したものです。ゴマダラチョウの開翅を上から撮ったのは多分初めてです。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミヤマカワトンボ
- 2015/06/24(Wed) -
150531miyamakawatonbo0074.jpg
今年、一番下の子供が昆虫に興味を持ったみたいで、何度か撮影兼採集に連れて行きました。
渓谷でトンボを探している子供たちをバックにミヤマカワトンホを撮影しました。

150531miyamakawatonbo0150.jpg
こちらはミヤマカワトンボの交尾です。発見者は一番下の子供でした。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テングチョウの羽化
- 2015/06/24(Wed) -
150524tengutyou0267.jpg
今年、テングチョウの発生数は多いようです。先月の記事で名古屋城のテングチョウの記事をアップしましたが、岐阜市郊外では、5月下旬に、かなり多くのテングチョウが羽化していました。
写真は、羽化間近で羽が透けて見えているサナギです。

150524tengutyou0464.jpg
幼虫の食樹であるエノキを降りた幼虫は、あちこちの樹や壁に登りサナギになったようで、そこらじゅうで羽化個体が見られました。

150524tengutyouP5240205.jpg
サナギの背中が割れて羽化しているところです。

150524tengutyou0488.jpg
サナギから出たところ。

150524tengutyouP5240110.jpg
羽化して、羽が固まるのを待っている個体。サナギの体色はグリーン1色と、写真の個体のようにまだら模様のものと2タイプあります。

150524tengutyou0331.jpg
川に突き出したツバキの葉の裏で羽化していた個体を魚眼レンズで撮影しました。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キタキチョウとモンシロチョウの吸水集団
- 2015/06/21(Sun) -
150523kitakityou0251.jpg
トンボの撮影を終えて家に帰る途中に、岐阜市内の長良川に降りたら、キタキチョウとモンシロチョウの吸水集団を見つけました。
珍しいチョウでもありませんが、河原で吸水するチョウを見ると、昔、マレーシアとかに行ってた頃を思い出す光景でした。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コジャノメの産卵
- 2015/06/17(Wed) -
150524kojyanome0074.jpg
ムカシヤンマの産卵を撮影するため湿った崖の前で待っていたときに、コジャノメの産卵にも出くわしました。
そんなに珍しい種類じゃないけど、普段あまり注目している種類ではないし、産卵を写真に撮ったことはなく、これも収穫でした。
ただ、ムカシヤンマもコジャノメも、ゴチャゴチャした茂みの中だったので望遠レンズでしか撮影できませんでした。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムカシヤンマの産卵
- 2015/06/16(Tue) -
150523mukashiyanma0160.jpg
ムカシヤンマは、湿った崖などに産卵し、幼虫はそうした場所で成長します。
岐阜市内のムカシヤンマのポイントに、これまでも何度か産卵シーンを撮影するために足を運びましたが、そもそも産卵に遭遇しなかったり、茂みに潜って産卵しているメスに気がつかないまま近づいて飛ばせてしまったりで撮影できていませんでした。
今年は、発生数が多いこともあり、メスが産卵に訪れそうな崖で待っていたところ、ようやく撮影することが出来ました。

この1週間後にも、産卵に訪れた個体を見つけました、今度は魚眼レンズで撮影するのに適した視界の広がった場所だったので、急いで魚眼に変え近づいたのですが、トンボが落ち着く前に私があたふたしたために飛ばせてしまいました。魚眼での撮影は次回にお預けですが、まあ写真撮れて良かったです。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
名古屋城東門近くで吸水するテングチョウ
- 2015/06/11(Thu) -
150518tenguchouP5180002.jpg
名古屋城東門近くで吸水していたテングチョウ。
テングチョウは、名古屋城付近では珍しい方で、年数回も見れば多い方だという認識でしたが、今年は発生数が多いようです。
5月下旬には、羽化間もないと思われるテングチョウが一度に複数個体見られる状況でした。
撮影した日は、今にも雨が降りそうな日で、天気がよくなかったこともあってかなかってか、オリンパスTG-3と魚露目8号の組みあわせで至近まで近寄っても大丈夫でした。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クルミハムシの♀
- 2015/06/10(Wed) -
150510kurumihamushiP5100080-1.jpg
半月ほど前、渓流に棲むトンボを探しに行ったときに見つけたクルミハムシのメス。
サワグルミについていました。
産卵前でおなかが大きいのですが、一体どれくらいの数の卵が入ってるんだろう?
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樹液を巡るオオスズメバチの争い
- 2015/06/07(Sun) -
150517oosuzumebachi0478.jpg
岐阜市の金華山山麓の小川沿いに生えているヤナギの木の樹液酒場には、
オオスズメバチ、コガタスズメバチ、セグロアシナガバチ、サトキマダラヒカゲ、ルリタテハ、シロテンハナムグリ、ヤガ科のガなど、にたくさんの昆虫が集まっていました。
樹液は複数の木の複数の場所から出ていましたが、いい場所には最強のオオスズメバチが陣取っています。
ただ、オオスズメバチの個体数が多いことから、よくオオスズメバチ同士の争いになっていました。
写真は、下の個体が羽を震わせながら威嚇して上の個体を追い出しにかかっているところです。
一度だけ、2匹でとっくみあいになり、だんご状態でお互いに針を刺そうとしているシーンに遭遇しましたが、写真は上手く撮れませんでした。
修行が足りませんです(泣)
あと、暗い場所でも撮れるカメラが欲しい(>_<)
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
河川中流域のサナエトンボ
- 2015/06/02(Tue) -
150517honsanae0311.jpg
今年は、今までより時間がとれるようになってフィールドに出られる日も増えている様に思います。
5月中旬の日曜日、岐阜市内の中山間地を流れる川に、サナエトンボの仲間を撮影に行ってきました。
以前、この川の少し下流でホンサナエを見かけたことがあったのですが、その1回だけだったのと、その場所で昨年、護岸の改修工事があったため、上流に向かって良さそうな場所を探し、川に降りて探したら、ホンサナエが見つかりました。
岐阜市内では、初めての遭遇でした。
多産ということはないですが、複数個体が見られました。

150517aosanae0336.jpg
アオサナエです。このサナエトンボは、一番好きなサナエトンボです。

150517yamasanae0277.jpg
こちらはヤマサナエ。

150517dabitosanae0222.jpg
最後はダビドサナエのメスです。

全部、同じ場所で見られました。飛翔写真も撮れなかったし広角の写真もイマイチだし、う~んと言う感じですが、十分楽しめてよかったです!
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岐阜県のことが好きなトンボ
- 2015/06/01(Mon) -
150517shioya0189.jpg
岐阜市金華山麓の休耕田と小川のある場所には、「岐阜県」と書いてある境界を示す杭があります。
このシオヤトンボは、このコンクリート製の杭が大好きなようです。
何度、飛び上がっても必ず、岐阜県(の柱)に戻ってきました。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |