サラサヤンマのメス
- 2015/05/31(Sun) -
150517sarasa0183.jpg

5月中旬、岐阜市内のキイロサナエの産地に羽化写真を撮ろうと思って出かけましたが、羽化個体も羽化殻も見つけられませんでした。
代わりに遭遇したのがこのトンボ、サラサヤンマのメスでした。

これまで、サラサヤンマは岐阜県東濃や愛知県の瀬戸や長久手あたりの湿地状のところで見ていて、岐阜市内で見つけたのははじめて。
意外なところでの遭遇にちょっとびっくりでした。
この付近では湿地ぽい場所は思い当たらず、どこで発生しているのかな?
スポンサーサイト
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒラタアブの仲間の交尾
- 2015/05/30(Sat) -
150513hirataabu3529c
いつものお昼休みの撮影に出かけたら、交尾しながら飛んでいるヒラタアブのペアに遭遇しました。

150513hirataabu3538c
以前から思っているのですが、交尾しながら飛ぶって凄いなぁ。しかも、写真見ると、オスはメスを完全に抱きかかえていて、オスだけが羽ばたいているんですね。
この記事のURL | アブ・ハエ・カ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フクロウ
- 2015/05/27(Wed) -


先週末、とあるトンボの撮影に岐阜西濃の某所に行ったときに、鳥の撮影に来られていた方にフクロウのひながいるよ!
と教えてもらいました。
マツの太い枝に止まっていました。


ひなは初めて見ましたが、かわいい(*^^*)


あと、おしりもかわいい(*´∀`)♪
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
庭にやってきたクロアゲハ
- 2015/05/24(Sun) -
150510kuroagehaP5100048.jpg
庭にやってきたクロアゲハ。
疲れていた?のか、飛んでもすぐ止まってくれました。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガの幼虫に産み付けられたヤドリバエの卵
- 2015/05/19(Tue) -
150502yadoribaeP5020051.jpg
寄生バチや寄生バエに興味を持ってから、時々、その辺の木や草を見てそれらの昆虫を探しています。
この写真もトラフトンボの撮影に行く途中で見つけたものです。
ガの幼虫に、ヤドリバエの卵が3個産み付けられています。やがて孵化すると、宿主であるイモムシの体内に入り、宿主の体を食べて成長し、蛹になる前にイモムシの皮膚を食い破って出てくるはずです。そして宿主のイモムシは死ぬことになると思われます。
ちょっとホラーだけど、なかなか生命の連鎖は凄いなと思って写真始めてから興味を持つようになりました。

ただ、なかなか産卵の場面には出会えないのと、こうやって写真を撮っても産み付けられた卵がどんな種類のハエなのか全くわからないこと、成虫の種類ですら???なので本来は、成虫は採集すべきなんだろうけど撮影していると逃げられること多いし、ジレンマが多い撮影でもあります。

でも、地道にやるしかないので。うん。
この記事のURL | アブ・ハエ・カ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セグロアシナガバチの女王バチと巣と卵
- 2015/05/17(Sun) -
150502seguroashinagaP5020304.jpg
家のベランダのそれも窓枠の高さ1mくらいのところに、新女王バチが巣を作っていました。まだ、4室しかない小さな巣ですが、暑い日には時折、羽をブーンと震わせ扇風機のように巣を冷やしていたりしていました。
今は巣を守働き蜂もいないので、うーんと近寄ってアップで撮影できました。
なかなかかっこいい!

でも、場所が場所だけに家族からも撤去要望があり、写真撮った後、夜間に撤去しました。
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スギタニルリシジミとムラサキケマン
- 2015/05/15(Fri) -
150428sugiruri0085.jpg
先日、ギフチョウの記事をアップしたのと同じ場所で撮影したスギタニルリシジミ。ムラサキケマンに吸蜜に来ました。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トラフトンボの飛翔
- 2015/05/14(Thu) -
150502torafu0018.jpg

150502torafu0034.jpg
GWに愛知県尾張西部にトラフトンボの産卵を見ることを目当てに行ってきました。
この日は、昨年以前に出向いた日とほぼ同じ日であって、天気はよかったものの、個体数は今までで一番少なく、交尾個体も見ることなく、数個体のオスがパトロールしているだけといった状況でした。
そんなわけで今年も産卵は見られなかったので飛翔写真を挙げておきます。以前と同じような写真になってしまいました(苦笑)
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビロードツリアブの飛翔
- 2015/05/13(Wed) -
150428birodotsuriabu0018.jpg
4月になって、ブログの更新をマメに出来るようになったなと思った矢先、忙しかったり風邪引いたりで再び止まってしまってました><
で、少し時機を逸している感はありますが、ムラサキケマンに飛来したビロードツリアブを正面から撮った写真です。
この記事のURL | アブ・ハエ・カ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ギフチョウ
- 2015/05/07(Thu) -
150428gifu0051.jpg
私の撮影のメインは、トンボであり、全然種類わからないけど寄生昆虫だったりといったところですが、春先のギフチョウ探しは、昔、チョウの採集をしていた頃から、春のシーズン到来のイベントとなっています。
GW前半に岐阜県飛騨地方にギフチョウの撮影に行ってきました。
ポイントについてからは、誰とも会わず、ゆっくりギフチョウの撮影が出来ました。
ただ、思ったほど個体数が多くなかったので、そっちはイマイチでしたけど。
それと、いつものことですが、吸蜜に来る花がカタクリだったりムラサキケマンだったりと草花が大半なので撮りづらいのが難点。
この写真ももう少し背景をすっきりさせたいんですけどね。。

150428gifu0091.jpg
ついでに飛翔写真もと思って、シャッターを押すものの納得いくものは無し(泣)
吸蜜していて飛び立ったこの1枚(しかもトリミングしちゃってるし)が何とか見られる???といったところかなというところです。修行が足りませんなぁ。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コサナエの羽化
- 2015/05/02(Sat) -
150426kosanae0341.jpg
今年も、岐阜県東濃地方の池にコサナエの羽化の撮影に行ってきました。
この池では、同じ時期にタベサナエとフタスジサナエも見られますが、大半はコサナエといった状況です。
現地に10時半過ぎに到着し、池を見ると今年も多くのコサナエが羽化していました。

150426kosanae0237.jpg

150426kosanaeP4260319.jpg
この池では、コサナエの個体数は多く、この日もかなりの数が羽化していた模様です。この写真は1㎡もない範囲を写していますが、羽化殻も合わせると14個体となり、周辺でもかなりの羽化殻と羽化個体が見つかりました。

150426kosanae0277.jpg
撮影している間に正午を過ぎましたが、その後も写真のように、羽化するために水面からあがるヤゴが見られました。トンボの羽化は遅くとも午前中までというイメージを持っていますが、コサナエについては、過去にも午後の羽化個体を複数見ており、日中いっぱい羽化している様に思われます。

150426kosanaeP4260306.jpg
個体数は多いのですが、羽化後に何らかの理由で水面に落ちてしまったり、羽が伸びきらなかったりした個体も複数見られました。また、水際にアリの巣がある場所では、羽化個体はアリの格好のごちそう?になっているようで、何匹もの羽化個体がアリに引きずられているのが見られました。写真は、アリ1匹だけがコサナエの羽に食いついているものですが、アリ1匹の力はかなり強いらしく、このコサナエは水面近くにいたものの、1匹のアリに引きずられて水面から10㎝ほどあがったところまで連れてこられたところです。
じきに仲間のアリも来るようになり、コサナエは解体されて巣に運ばれる運命にあります。
まあ残酷ではありますが、こういうのをみていると「生命」とかについて考えますね。

150426池P4260338
コサナエが見られる池の写真です。写真の水際で羽化が行われており、もうしばらく後の時期になると、このあたりで産卵も見られます。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キブシに来たスギタニルリシジミ
- 2015/05/01(Fri) -
150428sugiruri0007.jpg
                                                     岐阜県白川村にて

スギタニルリシジミは、春にだけ現れるチョウです。春にだけ現れる植物や昆虫を総称してスプリングエフェメラル(Spring ephemeral)と呼ばれますが、本種もその一つです。
幼虫がトチノキを食べることもあり、山地に見られます。

このチョウは今まで、地面に止まっているところとかさえない写真ばかりでしたが、今回は背景が暗い場所にあるキブシに来てくれたので絵になりました。

この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |