スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新緑の頃
- 2014/05/31(Sat) -
140504ari0074.jpg
ちょっと前の写真だけど若葉とアリ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キジムシロの花と霜柱
- 2014/05/30(Fri) -
140504kijimushiro0056.jpg
最近暑くて...
夏はまだなのに><
写真はGWに長野県上松町で早朝に撮ったキジムシロの花と霜柱。
この時は涼しいというか寒かった。
もう少し涼しくなんないかな!?
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウスバシロチョウの飛翔
- 2014/05/22(Thu) -
140511usubashiro0167.jpg
5月11日に渓流に棲むサナエトンボの羽化狙いで出かけたものまったくの空振り。。
かなり残念な気持ちになっていて歩いていたところ、お花畑にウスバシロチョウが何匹もフワフワと飛んでいました。

                                              300mmレンズで絞り開放で撮影
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第35回SSP展の開催
- 2014/05/16(Fri) -
明日から、東京の富士フイルムフォトサロンで、日本自然科学写真協会 第35回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2014-2015」が開催されます。

SSP会員が撮影した動物、鳥、昆虫、植物、水中、風景、天体、顕微鏡等、多彩な自然科学写真が展示されております。
私も一作品出させていただいております。
よろしければおいでください。

第35回SSP展

110813gaganbo0618-1.jpg
この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第39回2014JPS展
- 2014/05/16(Fri) -
明日から写真公募展 第39回2014JPS展が始まります。
今回は以下の3枚組の写真で、優秀賞をいただくことが出来ました。

会場は、東京都写真美術館です。7月には名古屋会場、京都会場でも開催されます。

自然の姿、風景、人間とその暮し、動物など多岐に渡る素晴らしい作品ばかりで、見応えのある展示となっておりますので是非、足をお運びください。

JPS展ホームページ

131003suzumega1118.jpg
130723kumazemi0333.jpg
101121usutabiga.jpg
この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムカシヤンマ
- 2014/05/12(Mon) -
140511mukashiyanma0302.jpg
5月11日の日曜日、県外のトンボ屋さんをご案内して、岐阜県西濃地方に、渓流のサナエトンボの仲間の羽化やムカシヤンマの羽化、アオサナエなどの撮影目的で出かけました。
いずれも例年、今の季節に見ているものだったので、何らかは見つけられると思って出かけたものの、渓流ではサナエトンボの仲間の羽化も、またムカシトンボも見られず、ムカシヤンマも羽化殻、羽化個体とも見られず、アオサナエは一度チラ見しただけと散々な結果となってしまいました(泣)

トンボ屋さんを岐阜駅に送った後、ろくな成果無しで帰るのも嫌だったのと、少し空き時間があったので、各務原市の緑地公園へオトシブミとかアオムシの撮影に行きました。ここは、コナラなどが多く植栽されていて、まだ木も小さいので人間目線で色々な昆虫を観察することが出来て、小さな虫たちを撮るにはいいところです。

ここでは、たまにムカシヤンマを見ることがあるのですが、この日に県外のトンボ屋さんを案内した岐阜市の発生地と比較すると、発生地も狭く、個体数もずっと少ないので、ムカシヤンマのことはあまり頭にありませんでした。
でも、現地について歩いていたら地面の上を大型のトンボがパタパタして飛んでいるのを見かけました。どうも羽化後まもないようで近づいてもなかなか逃げませんでした。
おかげで、マクロレンズで結構接近して撮影することが出来ました。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コサナエとヨツボシトンボの羽化
- 2014/05/11(Sun) -
140427kosanae0236.jpg
今年もGWに、岐阜県中津川市のとある池にコサナエの羽化を見に行ってきました。
日中羽化するのと、羽化の時期や場所が予測しやすいので、あまり外すことはなく、今年も見ることが出来ました。

140427kosanae0249.jpg
こちらは足を踏ん張って、体を抜ききろうとしているところ。

140427kosanae・yotsuboshi0117
この時期は、ヨツボシトンボも羽化しており、この写真では、手前にコサナエ、奥にヨツボシトンボの羽化個体が写っています。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロハネシロヒゲナガの飛翔
- 2014/05/10(Sat) -
140422higenagaga0027.jpg
クロハネシロヒゲナガは、名古屋市内の名城公園周辺で毎年4月の終わりから5月はじめにかけて見られる小さなガです。
名前の通りヒゲ(触角)が長いのが特徴です。
今回は300mmの望遠レンズで撮影してみました。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ギフチョウとカタクリ
- 2014/05/06(Tue) -
140502gifu0193.jpg
昔、チョウの採集をしていた頃は、4~5月頃は毎週のようにギフチョウの採集に出かけてて、4月後半から5月は、よく岐阜県飛騨地方に出かけていました。
最近は、チョウがメインの被写体でなくなったことや忙しくなったこともあって、ギフチョウは年1回撮影に行くくらい。
今年は、GWの中頃に岐阜県白川村に撮影に出かけました。昨年のGWも同じ場所に行ったのですが残雪が多く、ギフチョウだけでなく春に見られる他の昆虫や植物も見られず冬の様相でした。
今年は、一部に残雪はあったものの、周りは春の装い。
ギフチョウも多く見られ、カタクリに訪花する個体も多く、それはそれで良かったのですが、写真に撮ると背景がごちゃごちゃなことが多く、なかなかイメージどおりにはいかないなぁ。
でも、春を満喫できて良かった^^
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。