クロスジフユエダシャク♂の飛翔
- 2014/01/27(Mon) -
131208kurosujifuyuedasyaku0469.jpg
忙しくて全然ブログ更新出来ませんでした(汗)
すみません><

なので、だいぶ前の写真になってしまいますが、12月上旬に岐阜県各務原市の雑木林で撮影したクロスジフユエダシャク♂です。
クロスジフユエダシャクは、フユシャクとして総称される、冬期にのみ出現するシャクガの一種で、昼行性のガです。
この日は、風もなく、この時期としては暖かい日でした。写真の場所にはクロスジフユエダシャクの♂が乱舞していました。
このため、魚眼レンズで飛翔写真の撮影を試み、何とかなったかなというのがこの一枚。

他に、交尾個体がいないかと、近くのコナラやアベマキの樹皮などを探しましたが、こちらは見つかりませんでした。
ただ、後日、インターネットを見ていたら、どうも落ち葉の下に♀がいることも多く、♂は落ち葉に潜って交尾するとも
書かれていて、確かに、飛んでいる♂を見ていると、地面に降りる個体も散見されていたので、探せばメスやペアが見つかったかも。
もっとよく調べておくんだった(泣)
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハエの交尾
- 2014/01/06(Mon) -
131205fly0148.jpg

131205fly0151.jpg

先月、名城公園で撮影したハエの交尾です。
冬場に活動している昆虫だと、フユシャクの仲間やセッケイカワゲラなんかが思い浮かびますが、ハエの仲間も12月の遅い時期に見たりしているので、冬期間に活動している種類もあるようですね。
ただ、分類学的なことを、ほとんど知らないので、種類もわからなければ、冬だけ出現しているのか、通年出ているものが冬でも見られるのか、まったくもって???なのが痛い><
この記事のURL | アブ・ハエ・カ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あけましておめでとうございます(しぶんぎ座流星群)
- 2014/01/04(Sat) -
140104shibunngiza0238-1.jpg

あけましておめでとうございます

先月のふたご座流星群に引き続き、新年早々に見られる「しぶんぎ座流星群」を撮影に、三重県紀北町に行ってきました。
今回は、一番上の子供も一緒に行くというので、連れて行って寒い中、何時間も空を見上げていました。
流れ星は50個は見ることが出来ましたが、明るいものが少なくて、写真に撮るのはちょっと難しかったですね。

写真の一枚は、魚眼レンズを使って北北東方向を撮影したものです。明るいのは津市・名古屋市方面の街明かりです。

小学生の頃から星を見ることも好きで、大学生になった頃には、うれしいときも楽しいときも悲しいときもつらいときも夜、星空を見上げてたなぁ。。
いつも星見ながら、自分以外のどこかの誰かも、いろんな思いで星見てる人がいるんだろうな、今生きている人も、ずっと昔になくなった人も、人が現れる前の生き物も、そしてこれからも。
そう思って星見てたなぁ。
自分も、働き出して家族が出来て、忙しくて、しがらみとか打算とかも増えて、なかなか、昔みたいな気持ちで星を見ることは少なくなったけど、何時間も星空見てて、ちょっと思い出してうれしかった!

うちの子が、寒い冬の真夜中に流れ星を見ながら何を思ったかはわからないけど、この先の人生に未来に何かつながってくれたらなぁとかって思う。

僕には、これまで中学の頃と今から数年前の仕事の時は暗黒の時代で、死にたいと思ったこともあった。
家族だったり友人だったりが支えになって踏みとどまってたけど、それにプラスして昆虫を好きになったことを通じて、いろいろと自分の目で見た景色だったり、命のつながりとかが心の支えにもなってたかな。

年始の挨拶なのに、暗い感じになってすみません><
でも、そうやって見てきた世界を、写真を通して皆様にお伝えできたら、僕の思いを写真を通して伝えられたらと心に思って、頑張りたいと思います。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします
この記事のURL | 空・雲・星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |