スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウラゴマダラシジミの卵
- 2013/02/26(Tue) -
130119uragomadara0024.jpg

イボタノキに産卵されていたウラゴマダラシジミの卵。
前に記事にしたミズイロオナガシジミと同様に、ゼフィルスと呼ばれるシジミチョウの仲間で、平地の雑木林でも見られます。
ミズイロオナガシジミは、1卵ずつ産卵されることが多いのに対し、ウラゴマダラシジミは卵塊で産むことが多いといった違いがあります。
どちらも幾何学模様で、複雑な形をしていますが、こちらはUFOにも見えるような?
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コカマキリの卵とオオカマキリの卵
- 2013/02/21(Thu) -
130211ookamakirikokamakiri0005.jpg

これ、愛知県美浜町の雑木林で見つけました。
コカマキリの卵のうの上にオオカマキリの卵のうが乗っかっています。
先に、コカマキリが産卵して、その上にオオカマキリが産卵したんでしょうね。
枝なんていっぱいあるのに、この枝は、そんなに産卵するのに、いい枝なのかしら?
この記事のURL | カマキリ・バッタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウスタビガの卵
- 2013/02/13(Wed) -
130119usutabiga0023.jpg

以前、記事に書いたウスタビガの卵を拡大するとこんな感じ。

ウスタビガの繭に産み付けられた卵
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第33回SSP展岐阜展の開催
- 2013/02/10(Sun) -
130209ssp0003.jpg

日本自然科学写真協会(SSP)では、毎年「SSP展」を全国巡回で開催しており、現在、第33回展が巡回中で、
2月9日(土)~3月17日(日)の日程で、岐阜県博物館において、岐阜展が始まりました。

栗林慧先生、海野和男先生等、著名な写真家をはじめとするSSP会員の、動物、鳥、昆虫、水中、自然風景、天体、顕微鏡等の多様な分野の写真が展示されます。私もSSP会員であり、1作品出展しております。
生物の不思議さ面白さを見ることが出来、大人も子供も、どなたにでも楽しんでいただける写真展だと思っています。
お時間が許せば、是非、足をお運びください。


第33回SSP展岐阜展(岐阜県博物館HP)
この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミズイロオナガシジミの卵
- 2013/02/09(Sat) -
130119mizuiroonaga0028.jpg

コナラの枝の樹皮の割れ目に産卵されていたミズイロオナガシジミの卵。
1月に子供連れで各務原市の雑木林に行って、上の子が高枝切りばさみで1回目に剪定した枝に付いていたもの。
ミズイロオナガシジミは普通種ではあるものの、卵探すのは根気の要る作業のはず。
なのに、簡単だったなぁ。まあ、「こういうところにいるよ」とアドバイスした自分がすごいんだということにしておこう。うん。

ちなみにミズイロオナガシジミの親はこんなのです。
ミズイロオナガシジミ
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シダの仲間
- 2013/02/07(Thu) -
130127shida0043.jpg

今週末から岐阜県博物館で日本自然科学写真協会(SSP)展の岐阜展が始まります。先月末、事前の打ち合わせのため岐阜県博物館を訪ねました。その後で、博物館裏の雑木林で撮影した1枚。積もった雪と夕日を浴びたシダの葉が印象的でした。
この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。