コヤマトンボの飛翔
- 2012/07/28(Sat) -
120716koyamatonbo0046.jpg

瀬戸市内の河川中流域を飛翔するコヤマトンボ。ここにはキイロヤマトンボもいて、今年6月にも足を運んだもののキイロヤマトンボもコヤマトンボもなかなか姿を現さず。結局、1枚の写真も撮ることが出来ず帰ることとなってしまいました。
7月の中旬に、本当はコシボソヤンマやミルンヤンマの羽化個体狙いで暗いうちから出かけたのですが、思う成果が上がらず朝になり、コヤマトンボでも来ないかなと待っていて、パトロールに来たオスを撮影したのがこの1枚です。時期的には遅いように思いますが、この日はパトロールで川の上を行ったり来たりするオスを見かけました。
スポンサーサイト
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
街の樹液酒場
- 2012/07/28(Sat) -
120714gomadaratyou0613.jpg

街というには田舎かなとも思うけど、岐阜県笠松町の公園を歩いていたら、上空をゴマダラチョウがふわふわと飛んでいて、しばらく見ていたら高さ4mほどのヤナギの幹に止まったので、そこを見たらカナブンやスズメバチもいっぱい。樹液酒場になってました。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒゲコガネ
- 2012/07/26(Thu) -
120714higekogane0229.jpg

120714higekogane0239.jpg

岐阜市から近い木曽川河川敷でヒゲコガネを見つけました。この個体は白斑が少ないので、私個人的にはちょっとイマイチ。。。
ただ、ヒゲコガネは海浜や河原の砂地など、生息地はある程度、限定されているみたいです。遙か昔、自分が小学4年生の時に、祖父母の家の前で、初めてヒゲコガネを捕まえ、体が大きくヒゲが長く、広い斑紋があって、嬉しかったことを思い出しました。その後、30年くらい見ることもなく、とある年の7月後半、鵜飼い見物に行ったら暗い中、河原をぶんぶん飛び回る大型の甲虫が何匹もいて、手ではたき落としたらヒゲコガネでした。生息地には、それなりの個体数がいるのかもしれないですね。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モノサシトンボの交尾
- 2012/07/26(Thu) -
120716monosashi0015.jpg

モノサシトンボは、池のちょっと陰になったような場所を好むイトトンボです。朝7時頃、林内にある池(昔は水田だったらしい)沿いを歩いていたら、不意に足元からマルタンヤンマのメスが飛び出しました。その後、しばらく、この場所でマルタン狙いで待ってみたのですが、現れず。
替わりに?出てきたモノサシトンボのカップルを撮影しました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
名古屋城外堀のナツアカネ
- 2012/07/22(Sun) -
120713natsuakane0194.jpg

名古屋城外堀のナツアカネです。この時期、お堀で一番よく見かけるトンボはコシアキトンボですが、昨年はミヤマアカネを見たし、先日はチョウトンボも見かけました。数は少ないようですが、お堀で発生しているのかな?
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオスジアゲハ
- 2012/07/22(Sun) -
120713aosuji0185.jpg
名古屋市営地下鉄市役所駅前のヤブガラシに飛んできたアオスジアゲハ。ちょうど、大相撲名古屋場所の開催期間中なので、力士と一緒に写せればと思うものの、なかなかそんなうまい話にはならなくて。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アゲハチョウの産卵
- 2012/07/22(Sun) -
120710ageha0083.jpg

名古屋城外堀のカラタチに産卵するアゲハチョウのメス。後方の壁がお堀の石垣。出来ればお城を一緒に写したいのだけど、お城が見えるところにカラタチはなく一緒に写すのは難しいのだ。。。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タガメの卵塊
- 2012/07/21(Sat) -
120701tagame0012483.jpg

今月初め、知人に紹介してもらい、タガメのポイントで卵塊を初めて見ました。昆虫の卵にしては、随分と大きなものでビックリ。、卵を守ったり、孵化までのお世話のため、草の株元にはオス(成虫)がじっと待機していました。20数年ぶりのタガメに感動でした。
この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シロシタホタルガ
- 2012/07/20(Fri) -
120624shiroshitahotaruga0167.jpg

シロシタホタルガです。撮影がこの角度からしか出来なかったので、羽全面にピントが来ているわけではありませんが、きれいなガだと思います。ただ、チョウのきれいさとはちょっと違ったなまめかしさみたいなものをかんじます。
ちなみに幼虫も派手です。
シロシタホタルガの幼虫
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハグロトンボを捕食するハシリグモの仲間
- 2012/07/18(Wed) -
120623hashirigumo0155.jpg

夏になると、ハグロトンボが群れをなしている様な場所が時々見られます。写真は、岐阜市の伊自良川で撮ったものですが、ここにはハグロトンボがたくさん見られる場所があります。
そんな中で、遠くから1匹だけ、枝にぶら下がっているように見えたのが写真の被写体です。近づくとぶら下がっているんじゃなくて、ハシリグモの仲間に捕まり、食べられているのだと言うことがわかりました。体は食べられてボロボロになっています。
ハシリグモはというと、僕がかなり接近しても逃げようとはせず、「せっかくのごちそうを手放してなるものか」といったように思えました。
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カワゲラを補食するザトウムシ
- 2012/07/15(Sun) -
120610zatoumushi0657.jpg

カワゲラを補食するザトウムシです。ザトウムシはクモに近い仲間ですが、妙に長い足と独特の歩き方が特徴ですが、基本的に生き物大好きな私としては、嫌いな生き物から数えて何番目という高ランクに位置する生き物です。
なので、あんまり接近したくなかったのですが、捕食しているのは初めて見たので、頑張って?撮影しました。
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロサナエ
- 2012/07/14(Sat) -
120611kuroasanae0633.jpg

岐阜県山県市に、ムカシトンボを撮影に行く渓流があります。ムカシトンボが多く見られる時期に、たくさんのクロサナエが羽化しているのですが、ムカシトンボを観察している期間に見つけるクロサナエは羽化個体ばかりです。トンボ図鑑などでは、未熟個体は、渓流周辺の樹冠部で生活しているとも書かれているので、私たちの目になかなか触れないのかもしれません。また、自分もムカシトンボの時期が終わると、このポイントもろくに行っていないので、クロサナエの成熟個体を見たことがなかったのも、そんな理由からかもしれません。
6月下旬、ふと立ち寄ったときに1頭だけクロサナエを見つけることが出来ました。とりあえず初成熟個体です。
でも、虫やっていくの、まだまだですなぁと思う今日この頃。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グンバイトンボの求愛
- 2012/07/12(Thu) -
120610gunbai0616.jpg

岐阜県中濃地方の木曽川河川敷の小さな池にグンバイトンボを撮影に行ってきました。
池についたときには、オスメスが向かい合ったまま、じっとしていました。どうなるのかなと思い、しばらく見ていたら、メスがオスに体当たり?。オスメスとも飛んで、また、向かい合いました。しばらくして、また、メスがオスにちょっかい?
その後、別々に飛び去りました。

本当のところはグンバイトンボに聞いてみないとわからないのですが、
①オスがメスに求愛、接近 → メスが嫌がって、交尾拒否みたいな感じで攻撃。
②メスがオスにアタック(攻撃?、求愛?)

一般常識では①でしょうが、人間も含め生き物のオスとメスって色々あるからな~。昆虫の中でもメスからアプローチってあるんだろうか???
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コフキトンボ
- 2012/07/10(Tue) -
120624kofukitonbo0155.jpg

春のトンボであるコフキトンボのオスです。6月末に、岐阜県笠松町のトンボ池に羽化しているトンボを探しに行ったときに撮影しました。
バックは林で、陰になっていて、その中に空いた空間があったので、その空間をぼかしてトンボの後に配置しました。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツマグロイナゴの交尾
- 2012/07/10(Tue) -
120623tumaguroinago0075.jpg

ツマグロイナゴの交尾です。ツマグロイナゴは、ツマグロバッタとかツマグロイナゴモドキとも呼ばれ、湿った草原に見られるそうです。
岐阜県西濃地方の伊自良川にアオサナエなどの撮影に行った時に、肝心のトンボは数回しか見ることが出来ず、ろくに写真を撮れなかったのですが、その時にツマグロイナゴがいました。その中に交尾中のカップルもいたので、川をバックに撮影しました。
この記事のURL | カマキリ・バッタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平地性ゼフィルス(ミズイロオナガシジミとウラナミアカシジミ)
- 2012/07/06(Fri) -
僕は、今ではチョウを目当てに撮影や採集に行くことは少ないのですが、小学校高学年から30歳くらいまでの間はチョウばかり追いかけていました。
その中でも、シジミチョウの仲間にゼフィルスと呼ばれる、ミドリシジミやアカシジミなどのグループがあり、これらは家の近くでは見ることが出来ず、あこがれのチョウでした。

ただ、実際のところは、家からそんなに遠くないところにも、何種類か生息していたのですが、小さい頃はそんなことは知るよしもがなだったので。

ミズイロオナガシジミとウラナミアカシジミも、低山地で見られる種類です。ムカシヤンマの産卵狙いで通っていたときに見つけました。

120617mizuiroonaga0081.jpg
ミズイロオナガシジミ

120623uranamiaka0054.jpg
ウラナミアカシジミ
 ミズイロオナガシジミと比べると分布はやや限られます。僕自身、10数年ぶりの対面で、ちょっと嬉しかったですね。羽はボロボロだったけど。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サラサヤンマの飛翔
- 2012/07/02(Mon) -
120617sarasa0098.jpg

初夏のヤンマであるサラサヤンマの飛翔です。もう発生ピークは過ぎていると思われますが、小さな湿地をパトロールしている個体をいくつか見ました。
このヤンマは、飛ぶ高さも高くなく、ホバリングもしてくれるので撮影者にはありがたい限りですが、でも、まだ交尾や産卵の写真を撮っていないので、来年はそういったシーンを撮りたいな。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |