ゴマダラチョウの産卵
- 2011/08/31(Wed) -
110806gomadaratyou0116.jpg

産卵しようとしているゴマダラチョウです。ゴマダラチョウは街の中にも見られ、過去にも名城公園のゴマダラチョウについて書いていますが、成虫は上空を滑空することが多く花にも来ないので、魚眼レンズで街と一緒に写すのは難しいです。どうしても、この写真のように望遠レンズでの撮影になってしまう・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマトシジミ
- 2011/08/25(Thu) -
110805yamatoshijimi0092.jpg

名城公園のヤマトシジミとお母さんと男の子。夏の日のひとこま。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオスカシバ
- 2011/08/24(Wed) -
110804oosukashiba0034.jpg

名城公園のオオスカシバ。オオスカシバはスズメガ科のれっきとした蛾だけど、昼に飛んでるし、ハチみたい。
公園の花にも、良く来ます。この日は、写真を撮ったオオスカシバの近くで、20歳くらいのきれいな子が猫と戯れていて、一度、オオスカシバもお姉さんの背後のプランターにも飛んでいったので、オオスカシバと女の子のきれいな足とを一緒に撮影しようとしていたら、女の子は逃げなかったけど、オオスカシバは逃げやがった。許さん!

※僕は変質者ではありません。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
街の中のアブラゼミ
- 2011/08/21(Sun) -
0815aburazemi0131.jpg

名古屋市中心部 栄のアブラゼミです。
今年は、セミの鳴き始めが遅く、数も少なかった印象があります。
数日前までは、暑くて暑くて何とかして欲しいと思っていましたが、ここ数日は天気も悪く、朝は少し寒いくらいです。もう、セミの夏は終盤が近いのかな。
ちょっと寂しい気がします。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
満月
- 2011/08/20(Sat) -
110813fullmoon0800.jpg

お盆にコシボソヤンマを撮影に行った帰りに、山の端から満月が顔を出しました。何でもないような景色かもしれませんが、心が安まりました。生きていること、いろんな虫に会えたことに感謝です。
この記事のURL | 風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アブラゼミの羽化
- 2011/08/16(Tue) -
110730aburazemi0006.jpg

110730aburazemi0017.jpg

7月末に、夏休みの家族旅行として3日間の日程で、川崎の知り合いを訪ねてきました。うち1日は浦安市の某遊園地で家族サービス、もう一日は子どもも一緒に東京都練馬区の石神井公園にマルタンヤンマを狙いに行きました。
この頃、新潟では豪雨で関東も雨が降ったり曇ったりで天気が安定していなかったので、石神井公園行きをためらっていましたが、晴れてきたので急遽行ってきました。撮影できる場所は聞いてはいましたが、この日暑くなかったせいか結局マルタンは見られず。ほんと、相性の良くないトンボです。

マルタンは見つかりませんでしたが、代わりに、通りすがりのおばちゃんが網を持っていたうちの子どもに「セミが羽化してるよ。」と教えてくださり、「えっ!」と思って子どもと一緒について行ったら、ほんとに羽化していました。普通、夕方~朝にかけて羽化するのに、こんな真っ昼間に羽化するんだ。アブラゼミ。ちょっとびっくりでした。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒトとアゲハチョウ
- 2011/08/13(Sat) -
110721ageha0419.jpg

名古屋城内堀でアゲハチョウのオス2匹がメスに求愛していました。その様子を若いご夫婦がじっと見ていらっしゃいました。写真は撮らせてもらいましたが、アゲハチョウの写り方がイマイチです。数写すしかないんだろうなぁ。

あぁ、それにしても、最近は再び忙しい。忙しくてトイレに行く時間がない、お茶飲めない、お昼食べられない、日々に舞い戻っちゃった。今日の朝食は6時、昼食は21時半、夕飯は食欲もなかったけど気を持ち直してカップ麺すすっています(今26時半)。通勤に自転車使ってるけど、無い頭使うからか帰りは頭が痛くて、信号も見落とし気味で正直大丈夫かなと思ってしまう。
写真撮れねぇよ!
それに、ブログで愚痴りたくはないけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当は、皆さんに自然とか昆虫に興味を持ってもらうとか、癒しとなれば(ならないか?)と思って書いてるブログのはずだけど、Help me!
状態です。すみませんねぇ。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
名古屋城のミヤマアカネ
- 2011/08/09(Tue) -
110721miyamaakane0476.jpg

名古屋城内堀沿いの生け垣で見つけたミヤマアカネです。ミヤマアカネは、生息地も多くないと思われ、(いくら緑地があるとはいえ)こんな市街地で見るなんてびっくりでした。

内堀で発生してるのかな?
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みんなで守ろうなごやの生き物たち
- 2011/08/05(Fri) -
なごや生物多様性保全活動協議会主催で、「みんなで守ろうなごやの生き物たち」が8月7日まで名城公園フラワープラザ(地下鉄名城線名城公園駅下車2分)で開催されています。

私が所属している名古屋昆虫同好会も、なごや生物多様性保全活動協議会を中心にした、名古屋市内の生き物調査に参加しています
その活動展示会として、今回のイベントが行われており、名古屋昆虫同好会も、昆虫標本やパネルの展示、会誌の無料配布をしています。
名古屋昆虫同好会以外にも、名古屋市内のヒメボタル、魚、水生昆虫、外来生物などの展示があり、特にお子様や親御さんにお勧めです。
この機会に是非一度ご覧下さい。


110805meijyoflower.jpg

110805meijyoflower0011129.jpg
名古屋昆虫同好会の紹介パネル(私も写真を出しています)

110805meijyoflower0011131.jpg
(昆虫標本の展示)

110805meijyoflower0011132.jpg



この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオヤンマ
- 2011/08/05(Fri) -
110716aoyanma0033.jpg

110716aoyanma0061.jpg

名古屋のトンボ屋のNさん、トンボを含めた水生昆虫が専門のI君、大阪のトンボ屋さんYさんと、三重県志摩地方にアオヤンマを撮り(採り)に行ってきました。ただし、うちは僕一人ではなく、家族全員で行くことになり、僕と次男はトンボ採り、妻と残りの子どもは釣りに出かけました。

アオヤンマは、僕が小学校5年生の時に学校から帰ったら、母が「庭にこんなトンボが飛んできた。」と言って渡してくれた1回の出会いしかなかったのですが、あのきれいなグリーンが強烈に印象に残りました。家は岐阜市内なので、当時の記録としても、なかなかの記録なのですが、標本は残っていません(もったいない)。

で、きれいなアオヤンマを写真に納めたかったのですが、結果は、こんなんですは。
「あぁ、アオヤンマね・・・おしまい。」
今度は、子連れでなく一人で時間かけていきたいなぁ。

でも、何十年ぶりでアオヤンマ見ることが出来たし、ネアカヨシヤンマやマルタンヤンマも見ることが出来ました。ご案内いただいたトンボ屋の皆様、ありがとうございました。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオハダトンボ
- 2011/08/03(Wed) -
ここのところ、記事をアップする時間が無くて、結構ブログお休み状態になってしまった(*_*)
反省、反省。
7月10日~20日の間に2日間、愛知県豊田市の仁王川にアオハダトンボの撮影に行ってきました。アオハダトンボは、昨年もブログに記事を書きましたが、その時は、求愛、交尾、縄張り争い、産卵とも見ることは出来ませんでした。
今回は、求愛から交尾、産卵まで一通り観察でき、オスが川に流されるところを見せてメスの気を引こうとする場面も何度も見たんだけれど、1回目は、いつもよく使うレンズの数本を家に忘れていくという信じられない失態を犯し、ろくな写真が撮れなかった…
2回目は、求愛や産卵は見られず。オスの縄張り争いは撮影を試みたもののダメ。また、撮り直しですね。いったい何してんだと自分につっこみを入れている今日この頃です。

でも、いろんな場面に遭遇すると、このトンボの棲んでいる環境とか、生活環とか見えてきて参考にはなるので次回の宿題です。

110710aohada0135.jpg
オスの求愛。この後、メスのすぐ近くで水に流されて、しばらくしてまた戻ってきて流されるを繰り返していた

110710aohada0158.jpg
メスの上にオスが乗ったところ

110710aohada0165.jpg
オスは交尾しようと何度も試みていたけど、メスが嫌がり、双方とも落下し、交尾には至らず。このオス、腹部が折れ曲がった状態で、そのこともメスに拒否されている要因なのか?

110710aohada0010715.jpg
こちらは、交尾に至った別のペア

110710aohada0010745.jpg
交尾していたペアが、産卵を始めたところ。産卵するメスの近くでオスが警護している。この日、産卵するメスを数匹(数回?)見たが、全て、この場所ばかりだった。後から思うと、先ほどの腹部の曲がったオスは、メスの産卵場所を自分の縄張りには出来ていなかった。オス同士の争いでも負けていたんだろうか?

110718aohada0369.jpg
飛翔するメス
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |