スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
よ~い どん! にゃ~
- 2011/06/30(Thu) -
110622neko0142.jpg

以前にも、登場した名城公園の野良猫。

よ~い!

110622neko0147.jpg

どん。だにゃ~
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミズイロオナガシジミの産卵
- 2011/06/29(Wed) -
110626mizuiroonaga0394.jpg

各務原市で撮影したミズイロオナガシジミの産卵です。

僕は、元々蝶屋(=チョウの採集や飼育をやっている人)だったのが、10年前から昆虫写真屋に転身したのですが、
蝶屋時代は、ミズイロオナガシジミを含むゼフィルスと呼ばれているグループが大好きでした。(今でも好きですが)
ミズイロオナガシジミは、どちらかというと普通種ですが、でも、見つけると嬉しく思います。

普通種のミズイロオナガシジミですが、産卵を撮ったのは初めてです。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ナナフシ(ビルよりも大きいぞ~)
- 2011/06/28(Tue) -
110613nanafushi0016.jpg

名古屋中心部の市役所駅周辺で見つけたナナフシです。

ビルよりもおおきいんですね!?
こんなんいたら怖いですね~

ていうのは冗談です。虫の目レンズで撮影してデフォルメしています。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ナラルリオトシブミ
- 2011/06/25(Sat) -
110521nararuri0663.jpg
ナラルリオトシブミのゆりかごづくりです。見つけたときには、既に、コナラのは斜めに切られて、端っこで繋がっている状態でした。
写真では、葉を巻くメスにオスが乗っかり交尾しているところです。

110521nararuri0670.jpg
交尾が終わって、しばらくはオスがメスの近くにいましたが、やがて飛び去りました。

110521nararuri0725.jpg

110521nararuri0804.jpg
巻いて巻いて

110521nararuri0808.jpg
やがて全部巻き終わりました。このゆりかごの中に産卵したはずなんだけど、その瞬間がいつだったのかわかりませんでした・・・
この後、メスはゆりかごを切り落として、やがて、飛び去りました。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
都市の昆虫
- 2011/06/22(Wed) -
名古屋市内名城公園周辺の虫たちです。最近、街の虫、ちょっとサボっていてあまり撮っていませんでした。

110609hamushi0072.jpg
ハムシ?の1種とジョギング中の人

110610kimawari0091.jpg
キマワリと自転車に乗る人
   名古屋城内堀のカラタチの垣根の立ち枯れにキマワリが集まっていました。市内でもキマワリいるんだ。

110609himebachi0026.jpg
ヒメバチ?コマユバチ?の1種。
この記事のURL | 街の虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モートンイトトンボ
- 2011/06/20(Mon) -
6月5日に、カエルの分校に行く前に、モートンイトトンボのポイントを案内していただきました。
5日とその1週後に、羽化や交尾の撮影をすることが出来ました。

110605mohton1103.jpg
モートンイトトンボの羽化個体です。

110605mohton1193.jpg

110612mohton0321-1.jpg

110612mohton0106.jpg
モートンイトトンボの交尾です。

110612mohton0255.jpg

110612mohton0262.jpg

110612mohton0314.jpg
交尾するため、オスがメスを捕捉しようとしているところです。結局、メスはいやがって逃げてしまいましたが。
それと、ピントがボケボケなのは、私の運動神経の無さから来ていると思われます…

110612mohton0324.jpg
モートンイトトンボが生息する休耕田です。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニホンアカガエル
- 2011/06/20(Mon) -
110605yamaakagaeru1214.jpg
カエルの分校の、やまねさんにモートンイトトンボの生息地を案内していただいたときに、これも「やまね」さんに見つけられたニホンアカガエルです。
名前は聞いたことがありましたが、しっかりと見たのは初めてでした。
この個体、ジャンプして着地した場所が、細い茎だったこともあってか、次のジャンプがしづらいようで、じっとしたままでした。ちょっとおかしいですね。
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒメジャノメの交尾
- 2011/06/19(Sun) -
110605himejaynome1310.jpg

カエル谷で見つけたヒメジャノメの交尾です。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴミグモの一種
- 2011/06/19(Sun) -
110605gomigumo1164.jpg
クモのことはよくわからないけど、ゴミグモということらしい。
クモの巣の中心部に縦長に集められたゴミの中にゴミとまぎれて陣取っていて、擬態しているとのことだけど、このときは、葉っぱの上でお休み中?
全く動きませんでした。
(撮影地:愛知県豊田市)


この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シュレーゲルアオガエル
- 2011/06/17(Fri) -
110605syuregeru1303.jpg

カエル谷のシュレーゲルアオガエルです。この個体は、長い間じっとしててくれて、カエルの分校の皆さんと私のいい被写体になってくれました。ハエも友情出演?でした。
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゲンジボタル
- 2011/06/16(Thu) -
110612genji0361.jpg
日中、アカメガシワの葉の裏で休んでいるゲンジボタルです。ゲンジボタルは、言うまでもなく夜行性の昆虫で夜に光りながら活動しますが、昼間はこうやって休んでいます。

0614genji0004.jpg
こちらは、ゲンジボタルの飛んだ光跡を、シャッターを30秒開けて撮影したものです。
この写真は数年前に撮影したもので、本当は複数枚を重ねて1枚の写真にするつもりなのですが、時間が無く何年もほったらかしです・・・
最近、ホタルの撮影に行くことが随分減りましたが、蝶の採集から昆虫写真撮影に切り替えた頃(当時はポジフィルムを使っていた)、毎日のようにゲンジボタルの撮影に行っていたことを、古い写真を見て思い出しました。
なかなか、ホタルの写真で自分のイメージと合うものが撮れていませんが、是非、ホタルの飛ぶ風景は、子ども達にも引き継いでいきたいと思っています。
この記事のURL | ホタル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カエル谷
- 2011/06/16(Thu) -
110605kaerudani5048.jpg
                                 「やまね」さん撮影

 6月の第1日曜日に、「カエル谷」(豊田市松平)に子連れで行ってきました。
 「カエル谷」は、「やまね」さんを中心に、愛知県西三河を中心に活動している自然再生グループ「カエルの分校」の皆さんが、なつかしい生きものが次の世代も生き続けられるようにと、山間の放置された田んぼを活かした「なつかいし生きものの生息空間」を、広めるべく活動されているところです。
カエルの分校

 「やまね」さんとは、今年3月に名古屋市内で開催された中日本トンボの会でお会いし、今回、トンボの撮影&子ども達のカエル・オタマジャクシ・カニ・エビ・トンボ・その他諸々捕りに、ご案内いただきました。

 写真は、カエルの分校の皆さんと、カエル採りに夢中になっている子ども達です。
 中山間の水田が荒れ果てていく中、こういった環境を整備・維持され、それを広げて伝えていく活動をされていらっしゃる「カエルの分校」の皆さんはすごいなと、改めて思いました。 
この記事のURL | 生息環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホソミイトトンボ
- 2011/06/15(Wed) -
110521hosomiito0584-1.jpg

110521hosomiito0586.jpg

ハッチョウトンボが羽化していた湿地では、ホソミイトトンボも見られました。ホソミイトトンボの♂♀ペアが集まって産卵している写真を見たことがありますが、そういった光景は見たことが無く、静止写真ばかりです。もう少し変化が欲しい…
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハッチョウトンボの羽化
- 2011/06/15(Wed) -
110521hatyou0627.jpg

110521hatyou0603.jpg

岐阜県土岐市で撮影したハッチョウトンボの羽化です。
土岐市を含めて、岐阜県東濃地方には、小さな湿地が点在し、ハッチョウトンボ、サラサヤンマといったトンボや、ヒメヒカゲなどの湿地に依存した種類が見られます。
植物でも、シデコブシ、トウカイモウセンゴケ、トキソウなどの湿地の植物も見られます。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハバチの幼虫
- 2011/06/13(Mon) -
110526habachi0902.jpg

名城公園で見つけたハバチの幼虫です。近づきすぎたので、おしりから何か出してます。
アゲハチョウの幼虫を、つんつんすると頭から肉角(つの)を出して臭いにおいをだしますが、それと同じようなものかな?
この記事のURL | あおむし・けむし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロウリハムシ
- 2011/06/12(Sun) -
110604kurourihamusi0989.jpg
クロウリハムシは、いわゆる普通種ですが、目の前に来たのでパチリ。カメラボディには300mmのレンズがついていたので、そのままこのレンズを使い、絞りを開放にして最短撮影距離で撮影して、ボケ味を出しました。
ハムシの背中には生田緑地の木々が写り込んでいます(小さすぎて見えないか…)
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒラタアブ
- 2011/06/11(Sat) -
110604hirataabu1074.jpg
昔、生田緑地を下ったところに笹原があり、ゴイシシジミがいました(今、いるかどうかは知りません)。
ゴイシシジミの幼虫でもいないかなと思い、笹原にやってきたところ、ホソヒラタアブが飛んできて、アブラムシのコロニーを転々と飛んで産卵場所を探している感じでした。ちょうど、写真のホソヒラタアブが止まろうとしている先にも、アブラムシのコロニーがあり、クサカゲロウの仲間と思われる卵(アブの目の前の、白い髭のようなものの先についている小さな白いものが卵)が産んであり、これも孵化するとアブラムシを食べるんでしょうね。

110604hirataabu1079.jpg
別の葉には、大きなヒラタアブの幼虫がいました。実は、僕が見ているときに、右側から1匹の小さなアリがやってきたのですが、ヒラタアブの幼虫に近づいたとたん、ヒラタアブの幼虫は口(写真右側)をぬぅ~と延ばし、持ち上げ、丸呑みして、残骸だけはき出すという行動を1~2秒でしてのけました。僕、全く反応できず・・・
カメラマン失格です(泣)
この記事のURL | アブ・ハエ・カ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダイミョウセセリ
- 2011/06/11(Sat) -
110604daimyou0989.jpg
生田緑地のダイミョウセセリ♂です。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クワキジラミとハチ
- 2011/06/11(Sat) -
110604hachi1033.jpg
見にくい写真ですみませんm(_ _)m
生田緑地内のクワの木にクワキジラミ?が群れていて、そこに、体長1㎝くらいのヒメバチがしきりにやってきていました。自分の立ち位置から、ちょっと遠いこともあって産卵しているのかどうかはっきり確認できませんでしたが、明らかにクワキジラミ?狙いに見えましたが・・・
ただ、その瞬間はろくに撮れず、こんな写真しか撮れませんでした(>_<)
蜂は産卵しているようにも見えますが、ハチの方が大きすぎるのですが…
寄生するのではないのかな?
何してるのかな?
どなたかわかりませんか?
この記事のURL | ハチ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クロヒカゲ
- 2011/06/11(Sat) -
110604kurohikage1015147.jpg
クロヒカゲは、雑木林があれば普通に見られる種類で、林内の暗い環境を好みます。チョウの採集をしていた頃は、正直、眼中にない種類でしたが、写真で見ると渋くていいなぁと思います。生田緑地の枡形山広場付近の歩道上で吸水している個体を撮影しました。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生田緑地
- 2011/06/10(Fri) -
110604R0015410.jpg
6月4日に視点展の表彰式出席のため、川崎市に行って来ました。表彰式は夕方からなので、日中は都内のカメラ屋を廻るつもりでしたが、お金がないので予定を変更して、川崎市多摩区の生田緑地に行って来ました。撮影のほとんどが岐阜県の隣県止まりなので、今回はものすごい遠征?です。

110604R0015422.jpg
もうかなり昔の話になってしまいましたが、私が大学生だった頃、捕虫網を持って通った場所です。大学に入る前から昆虫は好きでしたが、入学してすぐに生田緑地の飯室山でクロアゲハの無尾型を採集したのと、先輩や同期に虫屋が多かったことで、この時期に私の虫屋人生が決定づけられました。また、大学時代は部活として、生田緑地の昆虫調査というのもありましたし、かなり思い入れの強い場所です。卒業後も数回、生田緑地に行きましたが、今の時期に行くのは、卒業以来、初めてでした。とても懐かしく、捕虫網を持って通った日々が思い起こされました。

110604R0015433.jpg
昔、オオミドリシジミを追いかけていた広場のコナラの木はとても大きくなっていたのと、活動時間帯では無かったことでオオミドリを見ることは出来ませんでしたが、楽しかったです。

110604R0015445.jpg
ここは、現在、ホタルの里として整備されている湿地です。大学生の頃はウラゴマダラシジミやミドリシジミを採集するために足繁く通いました。また、ゲンジボタルの発生地でもあることから、ホタルの時期には、一人で、またゼミやサークルの仲間を連れて、ホタル見物に行ってました。当時は、ゲンジボタルがいることはあまり知られておらず、見に来る人もほとんど無く、道中は真っ暗でした。一緒に案内していた女の子が「暗いよ。怖いよ。」と言っていたのを思い出します。
現在は、ホタルの里として、整備され、ホタルの観察会も開催されているようです。

帰りは、噴水広場の方に行ったのですが、芝生の広場が出来ていたり市の科学館リニューアルに伴ってか売店もなく、当時の面影が無く少し寂しく思いました。やっぱり、時間が経過しておじさんになったんだなぁと・・・

でも、6月のこの時期に行けて良かったです。

で、生田緑地で撮影した虫は次回、アップします。
この記事のURL | 風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガの幼虫(仲良くお食事中)
- 2011/06/08(Wed) -
1105150660-1.jpg

フランクフルト4本!?
と言いたくなるようなアオムシ。
集団で生活しており、食事も一緒です。
この記事のURL | あおむし・けむし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コサナエ
- 2011/06/08(Wed) -

110515kosanae0583.jpg

110515kosanae0625.jpg

岐阜県中津川市の池で5月中旬に撮影したコサナエです。今はだいぶ飛び古しているかも。
この池では、春のサナエトンボの中ではコサナエ、フタスジサナエ、タベサナエが見られます。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムカシヤンマの羽化
- 2011/06/06(Mon) -
岐阜市北部にムカシヤンマの発生地があります。ここには渓流と滝があって、流れに沿って自然歩道があります。滝の手前20mは、湿ったコケの生えた斜面となっていて、いかにもムカシヤンマが産卵に来そうなところです。(と言いつつ羽化も産卵も見たことなかったのですが…)
今年は春先の低温で季節の歩みが遅めだったので、例年の羽化の時期だと聞いていたGWを過ぎた5月中旬に羽化個体を探しに行きました。
この日は、現地に着くなり、羽化直後の個体が見つかり、さらに羽化途中の個体も見つかりました。

110515mukashiyanma0050.jpg
こけの生えた崖で羽化したムカシヤンマ

110515mukashiyanma0224.jpg
山ガール?の若い女性お二人とムカシヤンマの羽化
この後、「トンボが羽化してますよ。」と教えたら、「へぇ~3連発。」お二人もトンボの羽化写真を撮って下山されました。

110515mukashiyanma0382.jpg
羽が伸びてきたところ。

110515mukashiyanma0392.jpg
ムカシヤンマの羽化と記念写真を撮るカップル。奥に滝がある。

110515mukashiyanma0406.jpg
下流側を見るとこんな感じ。

110515mukashiyanma0110.jpg
ムカシヤンマのアップ。単眼が見えます。

110515mukashiyanma0140.jpg
9時04分

110515mukashiyanma0298.jpg
9時49分
肝心なこのカットだけピンぼけしかないのは、なぜだ!?

110515mukashiyanma0305.jpg
9時50分

110515mukashiyanma0349.jpg
10時01分

110515mukashiyanma0407.jpg
10時21分
本当は、飛び立つまで見たかったけど、時間が無くて帰りました。

110603mukashiyanma0979.jpg
ムカシヤンマの羽化が見られる苔むした崖
この記事のURL | トンボ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ミヤマカワトンボ
- 2011/06/03(Fri) -
110515miyamakawatonbo0423.jpg

110515miyamakawatonbo0435.jpg

ミヤマカワトンボの♂です。
渓谷の岩でテリトリーを張って、同種のオスがやってきたり、エサが飛んでくると飛び立ち、また岩に戻ってきます。
他に小さな飛んでいる虫を捕まえる瞬間も撮影したのですが、皆様にお見せできる代物ではありませんでした。まだまだ修行が足らないようです。
この記事のURL | トンボ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
木漏れ日
- 2011/06/01(Wed) -
110515komorebi0444.jpg

木漏れ日

コミスジやムカシヤンマの撮影に行った道すがらに撮りました。
この記事のURL | 風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カエルの轢死体から吸汁するコミスジ
- 2011/06/01(Wed) -
110515komisuji0460.jpg

岐阜市内の渓流沿いの登山道を歩いていると、コミスジが道路上で吸水しているように見えました。ただ、何となく、よくこういった場所で吸水しているチョウと比べると同じ場所に執着している様に見え、また、近くにハエが多いので、「糞でもあるのかな?」と思って探しても?
よ~く目を凝らしたらカエルの轢死体がありました。カエルが登山道に出てきたところ、ハイカーに踏まれてしまったのか。
このカエルの轢死体で、コミスジは吸汁したいので、同じ場所を離れなかったとわかりました。時折、ハエもカエルの轢死体にやってきますが、コミスジは羽をばたつかせてハエを追い払っていました。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。