僕のことを好きな虫たち
- 2010/05/25(Tue) -
汗を吸うコミスジ

血を吸うブヨの仲間

5月22日にムカシトンボ狙いで、岐阜県揖斐川町に行ってきました。今回は、ターゲットの昆虫を見ることは出来たのですが、チャンスも少なく、写真としてはショボ過ぎるものしか撮れませんでした。どうも、お目当ての虫を撮れません。こんなのではいけませんねぇ。

といったところだったので、この渓谷にいる他の昆虫を撮影していたところ、コミスジが1匹、僕の汗を吸いにやってきました。結局、コミスジと遭遇してから僕が渓谷を立ち去るまでの30分ほどの間、手や帽子に何度もとまって、手乗りコミスジになっていました。

それと、もう1種類、僕目当てでやってきた虫がいました。ブヨです。5年ほど前、撮影のため、とある山に分け入ったところ、僕が呼吸するだけで吸い込んでしまいそうな猛烈な数のブヨに襲われて、とんでもないめにあったいわくつき?の虫です。
右手人差し指が、「イテッ!」となって、「なんだ?」と思ってみてみると、そこにはブヨがとまっていて指を刺して(囓る)いました。痒くなるので、すぐにバチッとたたいてしまいたいのですが、こういった瞬間を撮りたかったので、我慢して1分ほど撮影しました。おかげで写真は撮れましたが、指が痒くて痒くて大変です。
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウスバシロチョウ
- 2010/05/25(Tue) -
ウスバシロチョウ飛翔1

ウスバシロチョウ飛翔2

ウスバシロチョウ配偶行動


GWから、過去にウマノオバチの記録がある岐阜県山県市の放任的なクリ園で、ウマノオバチを探していますが、まだ巡り会っていません。シロスジカミキリ?の食害痕は沢山あるのですが。
お目当てには会えないものの、そのクリ園の一つでウスバシロチョウが、沢山飛んでいたので飛翔写真を狙ってみました。ちょっとイマイチな感はありますが、アップします。
個体数が多く、♂が♀にアタックする場面も何時か見られました。ただ、いずれも♀が拒否したため交尾には至りませんでした。

この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第31回SSP展
- 2010/05/16(Sun) -
 第31回SSP展が、東京の富士フイルムフォトサロンで5月14日(金)から5月20日(木)の日程で始まりました。昆虫に限らず、水棲生物、鳥、植物など自然科学系のすんばらしい写真がいっぱいなので、是非、足を運んでいただけたらと思います。

SSP(日本自然科学写真協会)
富士フイルムフォトサロン 東京

 私もSSP展に出品しているので、昨日、見に行ってきました。私は、「ホウネンタワラチビアメバチの繭」というタイトルの作品を出しています。寄生蜂の幼虫がアオムシの体内で成長して、蛹になるためアオムシの体を食い破って出てきて、繭を作っているところを写したものです。

ホウネンタワラチビアメバチの繭

 今年から富士フイルムフォトサロンの1階に会場を移しての写真展となりました。スペース的にはちょっと狭くなったようですが、1階ということもあってか、来場者がかなり多かったです。若い女性が多かったのが目を引きました。
一般的に女性は苦手かなと思う写真もSSPの写真にはあると思うのですが、何人も真剣に見られていましたよ。
 最近、自分の撮影している被写体が、一般的にはかわいくない(=気持ち悪い)と思われるものと考えていましたが、意外と大丈夫かのかも。もっと、アピールしないとね。
励みにしてがんばろっと。

31回SSP展1
第31回SSP展2


 で、SSP展に行った後は、SSPの懇親会に行ってきました。ろくな活動も出来ていないのでなんですが、海野会長をはじめ、昆虫写真のエキスパートの皆様と懇談できて大変楽しく過ごしました。SSPもどんどん若い人が入ってきていて、いい写真を撮ってて、すごいなぁと・・・
(感心してないで、あなたも撮りなさいと自分につっこみを入れなあかんですね)

 それと、もう一つ写真展のお知らせです(個展ではありませんが)。
 2010年「視点」展が、「アートガーデンかわさき」で6/1(火)~6/13(日)に開催されます。こちらの方は「街の中の虫たち」というタイトルで8枚組の組写真を出しています。名古屋市内と岐阜市内で、人間やビルなどの人工物と昆虫を一緒に写し込んだ作品です。ごくごく身近にいる、だけどあまり気がついていない(かもしれない)虫たちを写しています。
 こちらにも足を運んでいただけたらと思います。

2010「視点」展
アートガーデンかわさき
この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハバチの産卵
- 2010/05/03(Mon) -
ハバチの産卵1

4月10日に、公園のコナラの若木の芽に、ハバチ?が産卵に訪れていました。ハチの個体数も多く、同じ新芽で複数のメスが鉢合わせして、大あごを広げて威嚇したりしていました。

メスは、産卵の前に、新芽をかじって傷をつけ、その後、産卵管をさして産卵していました。かじる行動が、どのような意味を持っているのかちょっと興味がわきました。どなたかご存じでしたら教えていただけないでしょうか。


ハバチの産卵2

ハバチの産卵3

2枚目の写真は虫の眼レンズで背景も入れて撮影したもの、3枚目はマクロレンズで撮影したものです。
どちらも。新芽に産卵管を突き刺しているのがわかります。

産卵された卵がどうなったのか、後日、確認したいと思います。
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |