メスを巡る戦い ヒメクロオトシブミ
- 2009/05/26(Tue) -
ヒメクロオトシブミ1
ヒメクロオトシブミ2
5月23日(土)に、岐阜県中津川市にトンボの撮影に行きました。その時、とある、ため池の堰堤に生えていた小さなコナラに、ヒメクロオトシブミの交尾個体と、その交尾中の♀を奪いに来た♂が団子になっていました。
よく見ていると、後からやってきたオスは、交尾しているオスに対して、じっと対峙したり(威嚇なのかもしれません)、交尾中のペアに乗っかって、♂どおし、とっくみあいの喧嘩をしていました。

普段だと、撮影のため接近するとすぐ逃げますが、この時は全くそんなこともなく、交尾に没頭するペアと割り込もうとする♂ の構図で、私が見ていた10分程の間、ずっと同じ事の繰り返しでした。

よくよく、ヒメクロオトシブミが止まっている葉っぱを見たら、葉の枝に近い方に切り込みが入れられており、下に垂れ下がった状態になっていました。おそらく♀が産卵のため、葉に切れ込みを入れていたところに、♂がやってきて交尾に至り、さらにもう1♂がやってきて3つ巴になったのと思われます。

この時は、2匹の♂は、♀と交尾することしか眼中になかったんでしょうね。必死さが感じられたような(笑)
オトシブミも人間も、所詮、同じかもしれませんね。あっ、でも最近は草食系男子か。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
SSP展
- 2009/05/20(Wed) -

第29回SSP(日本自然科学写真協会)展が、
東京都千代田区の科学技術館で5月31日(日)まで、

第30回SSP展東京展が東京の富士フイルムフォトサロンで
5月21日(木)間での会期で開催されています。

どちらにも私の作品も出していただいているので、5月16日の土曜日に見に行ってきました。

毎年、昆虫、水中写真、鳥、植物、顕微鏡写真など自然科学分野のレベルの高い写真がたくさん出されており、とても面白くて刺激のある写真で、心臓バクバクです。

ちなみに私が出しているのは、第29回はゴマダラカミキリの飛び立つ写真、30回は毛虫の集団です。

ガの幼虫
ゴマダラカミキリ
ssp会場


この日の夜には、SSPの懇親会もあり参加してきました。会長である海野和男先生をはじめ、名だたる写真家の皆さんがご列席で、私なんかがこんなところにて恐縮ですといつも思ってしまいますが、でも、色々なことを教えていただいたり、また、好きな虫の写真の話が心おきなく話せるので、とても楽しかったです。

私も自然科学に興味を持ってもらえる人を増やせるよう、発信していきたいな・・・と思います。
この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
写真展のお知らせ
- 2009/05/19(Tue) -
私が過去数年間に撮影した写真の中から一部の写真を写真展(公募展)に応募したところ、以下の写真展で採用され展示されることになりましたので、お知らせします。

第34回JPS(日本写真家協会)展
http://www.jps.gr.jp/jps_ten/2009jps/2009jps_kaiki.htm

第34回 2009年「視点」
http://www.jrp.gr.jp/modules/shitenhonten/

第29回SSP(日本自然科学写真協会)展
東京展:科学技術館
     平成21年4月25日(土)~5月31日(日)
     開館時間9:30~16:30
    http://www.jsf.or.jp/


第30回SSP(日本自然科学写真協会)展

東京展:富士フイルムフォトサロン
     5月15日(金)~5月21日(木)
     開館時間10:00~19:00(最終日は14:00)
     http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/tokyo/

大阪展:富士フイルムフォトサロン
     6月26日(金)~7月2日(木)
     開館時間10:00~19:00(最終日は15:00)
     http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/


※JPS展、視点展は有料です。会場によっては入場料が必要です。
会期、開館時間等を含め、事前に個々の写真展または会場のHPなどで再確認してください。


JPS展には、コシボソヤンマというヤンマ科のトンボが渓流の上を夕日をバックに飛んでいる写真、
視点展には、ハエの交尾の写真
第30回SSP展には、毛虫の集団の写真、
第29回SSP展には、ゴマダラカミキリの飛び立つ直前の写真を
出しています。

※SSP展では、会場のスペースによって展示作品数が少ない場合があり、私の作品が展示されていないことも、ひょっとしたらあるかもしれません。

なお、JPS展、視点展については、風景、スナップ、ネイチャー等いろいろなジャンルの写真が展示されています。
SSP展は、動物・鳥・昆虫・魚や植物・天体・顕微鏡写真等の自然科学関係の写真が展示されています。
いずれも、見応えのある写真ばかりだと思います。

お忙しいところとは思いますが、会場に足を運んでいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
この記事のURL | 写真展など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホームページ “美濃むし探検記” 開設しました
- 2009/05/18(Mon) -
やっとやっと、ホームページをアップすることが出来ました。

タイトルは「美濃むし探検記」
私が住んでいて、昆虫撮影を行っている地域の多くが美濃地方であることと、蓑虫を引っかけたものです。

ホームページを作る作るといいいだしてから、何年もの月日を経てからのアップで、感慨ひとしおです!(^_^)v

本当に忙しくて時間がなく、HP作成や写真の整理、昆虫の種類を調べたりするのも、深夜しかなくて、寝る間を惜しんで、心と体にむち打って、ヘロヘロになりながら、何とかここまでこぎ着けました。
まだ、作成途中ではありますが、何とか見ていただけるものにはなったかなと思っています。

このブログとHPで、私が撮影している虫たちを見ていただき、何か一つでも感じ取っていただければ
と思っております。
出来れば、あまり皆さんが気が付かない、でも、「実は、あなたの足下にいる」ような身近な昆虫の不思議な生活を、伝えていきたいです。

僕の夢は、昆虫少年(もちろん少女でも全然OK!)を増やすことです。そのために、少年のお母さんにも虫好きになって欲しいです。僕、客観的に見て気持ち悪いと思われる虫の写真も、ちょくちょく撮るんですが、意外と女性にも見ていただいており、意外と受け入れられるモンだなと思っているところもあります。
そうそう、こんな人が1人でも増えるよう、がんばります。

皆さん、どうぞ、よろしくね!


美濃むし探検記←ここだよ
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブログ 美濃むし日記 はじめました
- 2009/05/15(Fri) -
はじめまして つねごんです。

物心ついた頃から、ずっと虫好きで、今は街中や里山にいる身近な虫たちを探しては写真を撮ることに生き甲斐を感じています。
今は、多忙な毎日なので、撮影に出るのもままなりませんが、なんとか時間を作ってフィールドに出ています。ブログも毎日更新したいですが、ちょっと難しいかな・・・

といったところで写真も少し前のGW前半に撮ったものですが、名古屋市内の公園では藤棚のフジが
満開でした。このフジの花にはクマバチがたくさん集まり、吸蜜したり、追尾したりと盛んに動き回っていました。

攻撃性の高いハチではないし、ホバリングするのでハチに接近して撮影するのも困難ではありませんでした。まあ、ハチの写真を撮っていたのは私だけだったようで、他の人はフジの写真ばかり撮って、ハチからは逃げる一方でしたね。当たり前か(^_^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |