FC2ブログ
卵を守るエサキモンキツノカメムシ♀と卵寄生蜂
- 2018/06/28(Thu) -
P6090020.jpg
背中にハートマークのあるかわいいエサキモンキツノカメムシ。メスが卵や孵化したばかりの幼虫を守ることでも知られています。公園のミズキの木で見つけたエサキモンキツノカメムシ♀は、片時も卵隗の上を離れず、アリが近づいたりすると羽を震わせて追い払っていましたが、背後から小さな黒いハチが忍び寄ってきました。

P6090057.jpg
やがて、このハチ、母カメムシの目を盗み、カメムシの卵に乗っかりました。

P6090070.jpg
そして、カメムシの卵に産卵していました。ハチが産卵したカメムシの卵からは、やがて小さな鉢が出てくるはずです。
スポンサーサイト



この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
越冬中のオオスズメバチの女王バチ
- 2018/03/22(Thu) -
180304oosuzumebachi3040043.jpg
倒木の樹皮はがしで越冬中の生き物を探していたら、オオスズメバチの女王バチが見つかりました。寒かった冬も終わって、桜の便りが聞かれるようになり、このハチももう少ししたら、待ちに待った春の野に出ていくんでしょうね。
でも、暖かい分、接近したらぴくぴく動いて怖かった!

180304oosuzumebachi3040031.jpg
越冬していたのは、こんな場所でした。
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
樹液を巡るオオスズメバチの争い
- 2015/06/07(Sun) -
150517oosuzumebachi0478.jpg
岐阜市の金華山山麓の小川沿いに生えているヤナギの木の樹液酒場には、
オオスズメバチ、コガタスズメバチ、セグロアシナガバチ、サトキマダラヒカゲ、ルリタテハ、シロテンハナムグリ、ヤガ科のガなど、にたくさんの昆虫が集まっていました。
樹液は複数の木の複数の場所から出ていましたが、いい場所には最強のオオスズメバチが陣取っています。
ただ、オオスズメバチの個体数が多いことから、よくオオスズメバチ同士の争いになっていました。
写真は、下の個体が羽を震わせながら威嚇して上の個体を追い出しにかかっているところです。
一度だけ、2匹でとっくみあいになり、だんご状態でお互いに針を刺そうとしているシーンに遭遇しましたが、写真は上手く撮れませんでした。
修行が足りませんです(泣)
あと、暗い場所でも撮れるカメラが欲しい(>_<)
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セグロアシナガバチの女王バチと巣と卵
- 2015/05/17(Sun) -
150502seguroashinagaP5020304.jpg
家のベランダのそれも窓枠の高さ1mくらいのところに、新女王バチが巣を作っていました。まだ、4室しかない小さな巣ですが、暑い日には時折、羽をブーンと震わせ扇風機のように巣を冷やしていたりしていました。
今は巣を守働き蜂もいないので、うーんと近寄ってアップで撮影できました。
なかなかかっこいい!

でも、場所が場所だけに家族からも撤去要望があり、写真撮った後、夜間に撤去しました。
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コマユバチに寄生された毛虫は、なぜ集まるの?
- 2014/06/09(Mon) -
140511komayubachi0395.jpg
5月に、各務原市須衛の公園を歩いていたら、枯れ枝にたくさんの毛虫が集まっていて、しかも全てがコマユバチに寄生されているではありませんか?
しかも、周囲の木も含めると何箇所も同じような集団が見られました!
この毛虫、別に集団生活しているわけではないようで寄生されていなさそうなものは単独で見られました。なのに、寄生されたのはなぜ集まる?しかもとてもよく目立つ枯れ枝の先端に!?

それと、単独行動の毛虫を、どうやってこの場所に誘導したんだろ?
ハチの幼虫は毛虫の体内にいたはずで、他の仲間が何処にいて何処に集まってくるかなんてどうやってわかるの???

僕の浅はかな?頭では理解できませんが、集まること目立つことのメリットがあるんでしょうね。
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ