ヒガンバナにやってきたナガサキアゲハ
- 2017/10/02(Mon) -
170924nagasaki1633.jpg

170924nagasaki1642.jpg
ヒガンバナにやってきたナガサキアゲハ。
ヒガンバナは鮮やかで季節感があって絵になりますね。ヒガンバナとチョウを一緒に撮りたいと思って探していたら、ナガサキアゲハのメスが飛んできてくれました。
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アサガオとイチモンジセセリ
- 2017/09/24(Sun) -
170828ichimonjiseseri8280097.jpg
アサガオにやってきたイチモンジセセリ
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒメシジミ
- 2017/08/24(Thu) -
_DSC0088.jpg
7月に長野県西部で撮影したヒメシジミ。岐阜県東濃地方や愛知県では、もうほとんど見られなくなっているようですが、ここではまだ、たくさん見られました。
ヒメシジミを小さく映して、ちょっと雰囲気を出してみたつもりです。

170709himeshijimihinabatta8450.jpg
こちらはヒナバッタ?の仲間の幼虫と、至近距離で向き合うヒメシジミ。お互いに相手に害を加える種類ではないと思われますが、何を思っているのか???

170709himeshijimi8421.jpg
メスに、猛烈アピールというか、してしてモードになっているオス
すっごく、やる気満々(;^_^ゞ
でも、悲しいかな、意中のメスには全く相手にされず、撃沈でした。
なんか、わかる気がするのは気のせい?
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コヒョウモンモドキ
- 2017/08/23(Wed) -
170709kohyoumonmodoki8403.jpg

170709kohyoumonmodoki8449.jpg
草原性のチョウは、生息環境の悪化とか採集圧とかで、ほとんどの種類が減少傾向にあります。
コヒョウモンモドキも減少傾向にありますが、長野県西部のこの場所では、まだ健在でした。それでも、以前よりは数は少ない印象を受けましたが。

昔、チョウばかりを追いかけていた頃、コヒョウモンモドキ、ヒョウモンモドキ、ウスイロヒョウモンモドキは珍しさもあり、憧れのチョウでした。久しぶりに見ましたが、見るとやはりうれしかったですね^^
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミドリシジミの卍飛翔
- 2017/08/21(Mon) -
170617須衛ミドリ卍7791
忙しくて、なかなかアップできませんでした><

もう2か月も前の写真になってしまいましたが、ミドリシジミのオスの争いです。
2匹でくるくると回って絡みながら飛び、こうやって飛ぶのを卍飛翔と呼ばれています。

魚眼レンズで、2匹の辛みを至近距離から撮ろうとしましたが、結果的には、2匹が近い距離でいい位置に映った写真はなく、これが何とかといったところでした。
この日は、ストロボの電池が途中で切れてしまい、それ以上、撮影を続けられませんでした。2回目は、故障を抱えている古いカメラを持っていくというミスにより撮影できず、3回目は装備は万全だったものの、時期的に遅かったのかあまり飛んで来なくて、不完全燃焼でした。
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ