あけましておめでとうございます
- 2017/01/03(Tue) -
_DSC3348-1.jpg
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

岐阜市金華山からの初日の出です。
今年よい一年でありますように!
スポンサーサイト
この記事のURL | 空・雲・星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天使のはしご
- 2016/08/13(Sat) -
_DSC0351-1.jpg
石垣島野底付近から見た夕日。今年のGWの沖縄はすっきりしない天気が多かったのですが、この日は雲の切れ間から差す光がきれいでした。
この記事のURL | 空・雲・星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あけましておめでとうございます(しぶんぎ座流星群)
- 2014/01/04(Sat) -
140104shibunngiza0238-1.jpg

あけましておめでとうございます

先月のふたご座流星群に引き続き、新年早々に見られる「しぶんぎ座流星群」を撮影に、三重県紀北町に行ってきました。
今回は、一番上の子供も一緒に行くというので、連れて行って寒い中、何時間も空を見上げていました。
流れ星は50個は見ることが出来ましたが、明るいものが少なくて、写真に撮るのはちょっと難しかったですね。

写真の一枚は、魚眼レンズを使って北北東方向を撮影したものです。明るいのは津市・名古屋市方面の街明かりです。

小学生の頃から星を見ることも好きで、大学生になった頃には、うれしいときも楽しいときも悲しいときもつらいときも夜、星空を見上げてたなぁ。。
いつも星見ながら、自分以外のどこかの誰かも、いろんな思いで星見てる人がいるんだろうな、今生きている人も、ずっと昔になくなった人も、人が現れる前の生き物も、そしてこれからも。
そう思って星見てたなぁ。
自分も、働き出して家族が出来て、忙しくて、しがらみとか打算とかも増えて、なかなか、昔みたいな気持ちで星を見ることは少なくなったけど、何時間も星空見てて、ちょっと思い出してうれしかった!

うちの子が、寒い冬の真夜中に流れ星を見ながら何を思ったかはわからないけど、この先の人生に未来に何かつながってくれたらなぁとかって思う。

僕には、これまで中学の頃と今から数年前の仕事の時は暗黒の時代で、死にたいと思ったこともあった。
家族だったり友人だったりが支えになって踏みとどまってたけど、それにプラスして昆虫を好きになったことを通じて、いろいろと自分の目で見た景色だったり、命のつながりとかが心の支えにもなってたかな。

年始の挨拶なのに、暗い感じになってすみません><
でも、そうやって見てきた世界を、写真を通して皆様にお伝えできたら、僕の思いを写真を通して伝えられたらと心に思って、頑張りたいと思います。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします
この記事のURL | 空・雲・星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふたご座流星群
- 2013/12/15(Sun) -
131215futagoza0224-1.jpg
12月14~15日は、ふたご座流星群のピークということだったので14日~15日の夜に、撮影に行くことにしました。
とはいうものの、岐阜では、13日夜は時々雪、14日も時々雨で、どん曇り。
おそらく、飛騨方面は間違いなく雪、東濃や三河山間部に行っても怪しいと思ったので、ひたすら南へ行くことにして、三重県の熊野灘まで行ってきました。
23時頃についた時は、まだ月あかりの影響が大きい時間帯でしたが、テストもかねて撮影を始めました。
時折、明るい流れ星が流れていき、ちょっと幸せな気分でした。

131215futagoza0014.jpg
本当は、山があって海があって街の明かりがあって、というこの場面にもっと明るい流れ星が飛び込んできて欲しかったです。
早朝3時過ぎには月が沈むので、それを待っていたのですが、時を同じくして、ほとんど曇ってしまいました。
寒かったし、ちょっと早めに切り上げて帰りました。
でも、かなり久しぶりの流星群の撮影だったし、今年の夏のペルセウス座流星群の時は、忙しくて出かけられなかったので、楽しかった^^
この記事のURL | 空・雲・星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕焼け雲
- 2013/09/29(Sun) -
130928sunset0202.jpg
今月28日に瀬戸市にトンボ撮りに行った帰りに見た夕焼け雲。
昔から、空見上げるの好きだったけど、最近、以前にも増して、空や雲、夜空の星、見ることが多いなぁ。
朝夕の空や雲って一瞬で表情が変わるんですよね。
見ていて飽きないし、そういう瞬間に出会えて幸せになれるし、なんか心も洗われる気がして。
つい見上げてしまいます。
この記事のURL | 空・雲・星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |