ヒガンバナとナミテントウ
- 2017/10/01(Sun) -
170924namitentou1605.jpg
ヒガンバナに止まっていたナミテントウ
スポンサーサイト
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コフキゾウムシの交尾(深度合成)
- 2017/09/25(Mon) -
170830kofukizoumushi8300120.jpg
オリンパスTG-4の深度合成で撮影したコフキゾウムシの交尾
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コフキゾウムシ 修羅場編?
- 2017/07/01(Sat) -
170621kofukizoumushi160569.jpg
昨日は、見つめあう、微笑ましいコフキゾウムシのオスとメスの話。
今日は、修羅場?とかしたコフキゾウムシの話。

一部始終を見ていたわけではありませんが、交尾しようとしていたペアに、メスを横取りに来たオス。
結果的に、下からメス、オス、オスの順の三段重ね。

170621kofukizoumushi160570.jpg
そのうちに、真ん中のオスが足を上げて、「お前、あっちいけ!」と。

で、僕は時間なかったので、立ち去りましたが、この後、どうなったのでしょう?

これ、人間だったら大変!
でも、ゾウムシでも大変かも。

この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見つめ合うコフキゾウムシ 
- 2017/06/30(Fri) -
1700517kofukizoumushi5170037.jpg
コフキゾウムシは、街中でもクズの葉の上とかで見られます。
名古屋市役所近くで見つけたコフキゾウムシ。
左がオス、右がメス。見つめあって何を思ってるのかな?
なんかかわいいかも。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シロスジカミキリの羽化
- 2017/06/10(Sat) -
170521shirosujikamikiri6167.jpg
岐阜市から車で30分ほど行ったところにある公園周辺には、シロスジカミキリが生息しており、いつか脱出するところを撮りたいと思っていました。
5月後半のある日の昼頃、公園周辺の発生木を見たら、まさに外に出てくる新成虫を発見しました。
1枚目の時点では、脱出用トンネルの最後の掘削作業中です。

170521shirosujikamikiri6200.jpg
犬の散歩の人と一緒にパチリ

170521shirosujikamikiri6214.jpg
前足を脱出口にかけ、外に出る最終段階です。

170521shirosujikamikiri6219.jpg
体が半分ほど出てきたところ。

170521shirosujikamikiri6225.jpg
外界に始めたでてきたシロスジカミキリ。
この記事のURL | 甲虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ