FC2ブログ
タガメの子育て
- 2018/07/27(Fri) -
_6291588.jpg
昨年から、タガメの孵化の瞬間を撮りたくて6~7月は、某所に足繁く通いました。

_7090151.jpg
今年も、卵を守るオスが、あちらこちらで見られました。卵は水中では呼吸が出来ないためヨシの茎などに産卵します。でも乾燥にも弱いため、オスが時折、水中に降りて、また上がってきて卵を湿らせてあげています。このオスの背中には水草が付いており、水中から上がってきたことがよくわかります。

_6300203.jpg
こちらは、日中、オスの背中側から撮ったものです。

_6300091.jpg
接近しすぎると、オスは前足を拡げて威嚇します。ちなみに、タガメにも性格があるようで、頻繁に水をかけに往復するオスもいれば、ほとんど水中で過ごしていてたまにしか卵に行かないオスもいます。オスが水中にいるときに、卵が産みつけられている茎を揺らしたときも、すぐ上ってきて威嚇のポーズをとる個体もいれば、逃げてしまう個体もいました。
写真の彼はイクメンでした。

_7010054_01.jpg
これは、ある日の深夜2時頃に現地に着いて見つけたタガメの孵化です。必ず、一斉に孵化します。
ただ、もう孵化が始まっていたのとヘッドライト不調もあり、思ったようには撮影できませんでした。でも、初めて、それも野外で見ることが出来て、とても興奮しました!

180701tagame7010153.jpg
孵化が始まり、にょきにょきとタガメの赤ちゃんが出てきて、やがて水面にポトッと落ちていくのは、見ていて面白かったです。
スポンサーサイト



この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エサキモンキツノカメムシのその後
- 2018/07/15(Sun) -
P6090057.jpg
エサキモンキツノカメムシの目を盗んで、母カメムシの下に潜り込む寄生バチ。

P6090070.jpg
寄生バチが産卵しているところです。

P6180017.jpg
2枚目までの個体とは別個体ですが、ハチの産卵から約10日には、カメムシの卵は真っ黒になり、そこからカメムシではなくハチがたくさん羽化してきました。ハチに寄生され真っ黒になった卵を守る母カメムシ。できれば、ハチが羽化する瞬間を撮りたかったですが、時間がうまく合わず、次に見たときには羽化は終わり小さなハチが飛び回っていました。
この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
卵を守るタガメのオス
- 2017/07/26(Wed) -
170625tagame6250290_01.jpg

170625tagame6250290.jpg
しばらく、ブログ更新できませんでした><
すみません。

先月末から今月初め、某所にタガメの交尾や産卵、孵化などを狙いに通いました。平日夜にも出かけて、睡眠時間2~3時間の日を続けたりもしましたが、結局、卵隗とそれを守るオスの写真以外はタイミングが合いませんでした。
まあ、これだけでもいいのですが、来年はリベンジしたいです。
この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岐阜公園のクマゼミとポケモンgo
- 2016/08/17(Wed) -
_DSC8243.jpg
先週末、岐阜公園近くに行く用事があったので、数年ぶりに岐阜公園のトチノキについているアブラゼミの抜け殻を撮りに行ってきました。その時と同じようにトチノキにはたくさんの抜け殻がついていました。ただ、違うのは公園の状況でした。

_DSC8271-1.jpg
岐阜公園は、岐阜市内ではポケモンgoの聖地ともいえる場所だとは聞いていましたが、行ってびっくり!
35℃近いというのに、視界に入るだけで100人は軽く、200人、ひょっとしたら300人くらいいるのかな?というくらい、めちゃたくさんの人がポケモンgoのために集まっていました。
その人だかりの中の1本のケヤキにクマゼミが止まっていました。で、クマゼミとポケモンgoをやっている人達を撮りました。

僕が撮影していた小一時間で、僕が撮ってたセミやセミの抜け殻に気が付いたのは、カップル1組のみ。あとの皆さんはずっ~と
スマホとにらめっこ。
そういう僕も、実はポケモン捕まえていましたし、ポケモンgo面白さもよくわかりますが、スマホの画面以外のリアルな世界にも目を向けてもらえるとうれしいな~と思った1日でした。
この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
クヌギカメムシの孵化
- 2016/03/24(Thu) -
160303kunugikameP3030069.jpg
今月初めに名古屋市名城公園で撮影したクヌギカメムシの孵化です。2月下旬~3月上旬ころ、公園のコナラなどに産み付けられた卵隗から、続々と孵化が始まります。
幹の割れ目に産卵されていることと、小さいこと(撮影が簡単でなかったのと、どういう状況か確認しにくい)から、これまで真正面からの撮影は記憶にないのですが、接写で拡大できるコンパクトデジカメ(オリンパスTG-3)のおかげで、この1枚が撮れました。
このシーンを見ると、今年のシーズンの始まりを感じます!
この記事のURL | セミ・カメムシ・ウンカ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ