威嚇するイボタガ
- 2018/04/01(Sun) -
180325ibotaga3251660_01.jpg
3月下旬、イボタガを見つけ何枚か撮影して接近したところ威嚇行動をはじめました。でも、あまり効果ないなぁと思いながら、正面に回り込んだところ、突然、獣の顔が現れ、びっくり!
どうやって、この斑紋パターンや行動を獲得したのか?
いつものことながら、凄すぎて理解しようと思ってもわかりません。生命の進化は奥深くてすごい!

180325ibotaga3251633.jpg
ちなみに、こちらは平常時。

180325ibotaga3250091.jpg
顔の正面アップ。もふもふです。
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
越冬中のオオスズメバチの女王バチ
- 2018/03/22(Thu) -
180304oosuzumebachi3040043.jpg
倒木の樹皮はがしで越冬中の生き物を探していたら、オオスズメバチの女王バチが見つかりました。寒かった冬も終わって、桜の便りが聞かれるようになり、このハチももう少ししたら、待ちに待った春の野に出ていくんでしょうね。
でも、暖かい分、接近したらぴくぴく動いて怖かった!

180304oosuzumebachi3040031.jpg
越冬していたのは、こんな場所でした。
この記事のURL | ハチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マンサク
- 2018/03/21(Wed) -
180304mansaku3040288.jpg
早春の雑木林で見られるマンサクの花。この花を見ると春の訪れを感じられて、うれしいです!
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウスバフユシャクの交尾中のペアを襲うキハダエビグモ
- 2018/03/03(Sat) -
180118usubafuyusyakukumo1180011.jpg
更新しない間に春になってしまった(^^;)

ひと月ちょっと前に、名古屋市内で遭遇したシーンです。
夜にフユシャクを探しているときに、クモも見かけるのですが、こんな寒いときに餌は捕まるのだろうか???
と思っていましたが、そんな瞬間に出会いました。
いつものように、交尾個体かと思って近づくと、メスに何か乗っかってる??
なんと、クモに捕まっているところでした。
冬に活動するフユシャクといえど天敵はいて、冬に活動するクモは冬でも餌を探していると知りました。
このクモはキハダエビグモというらしい。
なかなかびっくりでした!

180118usubafuyusyakukumo1180021.jpg
やがて、オスは逃亡。メスは餌食に。これでは子孫残せないねぇ。
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪の日のウラギンシジミ
- 2018/01/24(Wed) -
180114uragin1140047.jpg
1月前半の寒波の時、岐阜市内もうっすらと雪化粧しました。
年末にウラギンシジミが越冬していたツバキを見に行ったら、まだ同じ場所にいました。
積雪量は大したことなかったのですが、止まっていた場所は上に大きな木があって、雪があまり積もらないような場所に思えました。
そういうことも計算に入れて場所選んでたりするのかな?
次の寒波がやってきていて、今日は時折、雪になっています。無事に春を迎えられることを祈っています!
この記事のURL | チョウ・ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ